2020年07月01日

2020年6月21日 備後川 大谷 (台高)

[遡行日] 令和 2年 6月21日
[参加者] KB浦、会員外2名、野村(記)
[行 程] 7:00頃 出 − 7:50 大谷橋(駐)− 8:00 入渓 − 8:35 瀬戸小屋谷出合 − 10:30 二俣 − 13:30 左支二俣(左俣遡行終了)− 884.9mピーク − 14:35 林道 − 15:30 大谷橋(駐)
[天 気] 曇り
[備 考] 水量は多め、ヒルはそこそこ(被害あり)

 前半は水に浸かることが多い瀞場と釜の連続、後半は滝の連続。コンパクトにギュッと集約された愉しい渓でした。
 水量が多くて怖いところもありましたが、泳ぎと滝と、夏にはおすすめの渓です。

 備後川 大谷_200621_090939_045.JPG
   水量が少なければ遊べそうなところですが...  あ〜コワ!

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 02:52| Comment(0) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

下多古川 本谷 体験山行

2020年6月26日(日)小雨後晴れ

参加者 k谷氏 t木氏 n野氏 y中さん k野氏 h矢氏 s藤氏 t崎(記)


夜半からどしゃぶりで激流の中の遡行、大瀑布の滝、かわいいヒル達などなど、、、 堪能しました!

P6280109.JPG

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 20:46| Comment(0) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年6月27日〜28日 岐阜県奥飛騨 木地屋渓谷&沢上谷 二本立て

[日 程] 2020年6月27日木地屋渓谷〜28日沢上谷

[参加者] 27日 川添 近藤 高橋 濱田 鷺本 KH(会員外) 石田 寺田
     28日 川添 澤崎 高橋 濱田 鷺本 KH(会員外) 石田 足立 能勢 寺田(L/記)

[コース] 27日 丹生川ダム横駐車スペース(入渓)8:00−植林小屋10:45−林道歩き−柳谷橋(入渓)11:50 −大滝手前ナメ滝(昼食)12:35〜13:00−沢下降−柳谷橋14:00−林道−植林小屋14:45−林道−駐車スペース15:30
        荒城温泉恵比須之湯にて入浴後、Aコープ奥ひだにて食料調達。道の駅 奥飛騨温泉上宝 泊
     28日 遡行終了点近くの林道に車デポ
        沢上谷入渓地点9:35−五郎七郎滝10:45−岩洞滝12:15−箕谷大滝下(昼食)13:00〜13:20−滝上13:55−遡行終了点14:55−駐車スペース15:10

[天 気] 27日 快晴 深夜より雨
     28日 9時迄雨 その後晴れ

コロナでの県外移動の自粛も解除され、癒やしを求め奥飛騨のなめ沢二本立て!!
雨の影響も有り、癒やしには少し水量が有りましたが、メンバーとの楽しい時間に癒やされました♪


沢上谷.jpg

木地屋渓谷14.jpg


続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 11:12| Comment(0) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

2020年6月7日 銅山川 瀬場谷(四国)

[遡行日] 令和 2年 6月 7日
[参加者] 野村(単独)
[行 程] 8:00 入渓 − 9:00 八間滝 − 10:15頃 二俣 − 11:00 右俣登山道横断(EL1020) − 11:50 引き返し点(EL1140) − 12:30 本谷登山道(橋 EL910) − 14:35 登山道横断(橋) − 16:00 二俣(遡行終了) − 16:20-16:40-17:20 登山道渡河 − 18:10 駐車地
[天 気] 晴れ
[備 考] 水量は少な目、ヒルは見かけず

 八間滝を除けば大きな滝はなく、段差のついた直登可能な滝が次々と出てくる愉しい渓でした。
 地形的には紀伊の沢と似て急であるが、地質の違いでザラついた岩肌は滑りにくく、いい感じ。勿論ヌメったところもある。
 あ〜しかし、途中で沢を間違えるし、遡行を終了する予定の登山道横断地点は見落とすし、トレーニング不足の衰えた身体には登り返しや長時間遡行はマジ堪えた。登山道が並行していて本当によかった...
 夏の遠征シーズンまでに体力を戻し、硬くなった身体を柔らかくすることができるか、技量的にもちょっと心配にさせられる遡行となった。トレーニンgoo!

 瀬場谷(銅山川)_200607_090322_024.JPG
   八間滝、ヌメってなければ登れそうだけど...


 珍しく即日筋肉痛と全身疲労。翌日からの現場仕事は身体ガチガチでつらかった。

ということで...
 以下、あまり出かけないエリアなので、しつこいほど写真いっぱいでごめんなさい。

 続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 12:47| Comment(0) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

台高 野江股谷

2020年6月21日(日) 晴れ後小雨 

参加者 y田さん s野さん y田氏 s崎氏 t崎(記)

梅雨の晴れ間、岩とこけと滝を堪能。久しぶりのヒルさん、太いヘビさん2匹も。

P6210018.JPG
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 21:24| Comment(0) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

2020年6月21日 京都北山芦生 中ノツボ谷

[日 程] 2020年6月21日
[参加者] 川添 石田 寺田(L/記)
[コース] 芦生山の家駐車場7:55−中ノツボ谷出合(入渓)9:00−13m滝10:10−二俣12:00〜12:35 −690遡行打ち切り12:40−右岸尾根12:50−途中尾根間違え−中ノツボ谷出合15:00−山の家駐車場16:00
[天 気] 晴れ

今週は芦生原生林の中の中ノツボ谷へ♪
緑に輝く木々の中をいつもと違ったルートで楽しませていただきました!

中のツボ谷1.jpg



続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 13:18| Comment(0) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

2020年6月7日 比良 奥ノ深谷

[日 程] 2020年6月7日
[参加者] 京谷 石田 宗川母 高橋 濱田 鷺本 KS(会員外) 寺田(L/記)
[コース] 坊村駐車場8:00 −牛コバ(入渓)9:05−2段8m9:50−8m11:10 −滝上11:50〜12:25− 斜滝2段12m13:30 −小川新道14:50−牛コバ15:40−坊村駐車場16:30
[天 気] 快晴

コロナ自粛緩和になっての初めての沢登り。比良のメジャーな奥ノ深谷へ♪
体験者1名参加の8名での大人数の遡行ではあったがほぼ予定時間での楽しい時間を過ごしました。

奥ノ深谷1.jpg

今シーズンはそれほど人が入っていないみたいで、岩の垢が落ちてなく、少し滑りやすかった(汗)


続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 15:30| Comment(0) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月15日

南紀 外和谷

2020年4月12日(日)小雨〜雨 参加者 k谷氏 s崎氏 t崎(記)

道の駅「ほんぐう」にて前泊


沢で行き交う人おらず、三密避け、いい空気を吸って、ストレス解消。


7.jpg  4条30m続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 20:40| '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

2020年4月5日 又剣谷(台高)

[遡行日] 令和 2年 4月 5日
[参加者] KB浦、野村、会員外2名(KS野、MR田)
[行 程] 8:05 入渓 − 8:30 第一ゴルジュ − 9:45 第二ゴルジュ −
     10:10 第三ゴルジュ − 12:15 遡行終了 − 12:35 稜線 − 14:00 駐車地
[天 気] 晴れ
[備 考] 水量はふつう

 前日に比べるとやや気温は下がったものの、この時期にしては気温は高め。
 前夜の宴で酒を飲みすぎてなかなか目が開かず、起きても胃袋は、う、う、う...
 上の林道に車デポの当初予定も尾根下りで戻ることに。
 それはともかく。

   又剣谷_200405_084425_11.JPG
   なかなかいい感じ


ということで...
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 18:10| Comment(0) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

2020年4月5日 南股谷〜馬ノ鞍峰(台高)

【月 日】 令和2年4月5日(日)
【場 所】 北股川・南股谷〜馬ノ鞍峰(台高)
【参加者】 槙野(L)大西 武田 佐野 寺田 
      石田 宗川(礼) 米田(記)
【ルート】 北股川出合8:41発−南股ノ滝50m8:54−
      南股谷出合9:58− 20m直瀑−二俣820m12:25−
      12m滝・左岸ルンゼ巻き880m−200m廊下−
      稜線1120m−馬ノ鞍峰1178m15:25−
       三之公川林道終点17:20着
【時 間】 9時間
【天 候】 曇のち晴


今シーズンの初沢は、台高・南股谷。
北股川の左岸支谷で馬ノ鞍峰・1178mに詰め上がる谷である。


s-南股谷(台高).jpg

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 20:54| Comment(0) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする