2018年11月14日

2018年11月11日  スケン谷(京都北山)

【月 日】平成30年11月11日
【場 所】岩谷〜スケン谷(京都北山)
【参加者】大西 佐野 宗川夫妻 足立 山中 中山 米田(記)
【コース】朽木古屋・登山口発7:46−保谷林道−岩谷峠9:13−
     岩谷出合10:30−スケン谷11:30着12:07発−県境尾根12:55−
     下山開始13:10−東北東尾根−林道着13:56−登山口着14:43


晩秋の一日、美しい谷を歩き、尾根を巡った。



朝7時、葛川市民センター駐車場にて8名が車5台で参集。
2台に分乗して出発する。

鯖街道を北上し、梅ノ木にて左折、久多キャンプ場を過ぎ、
朝霧立ち込める針畑川沿いに北上する。
色とりどりの紅葉に覆われているのどかな山村風景が次々と現れる。

古屋の郵便局を過ぎ、白い橋を渡ったすぐ左手が
三国岳登山口駐車場。(狭く2〜3台が限度)

s-PB110001.jpg


保谷林道を小1時間歩き、
尾根の急登30分余りで岩谷峠に到着した
s-PB110010.jpg

峠からは岩谷源頭部へ下降する

s-PB110018.jpg


s-PB110024.jpg


s-岩谷1.jpg


岩谷2.jpg


癒し渓に癒される
s-PB110035.jpg


岩谷出合〜石積に紅葉が美しい
s-PB110046.jpg


岩谷からは由良川本流を遡り、約1時間でスケン谷


スケン谷
s-スケン谷4.jpg


この陽だまりでいつまでも寝転んでいたい!
s-大西さん.jpg



この明るさの中へひとつの素朴な琴をおけば 秋の美しさに耐えかねて
琴はしづかに鳴りいだすだろう〜八木重吉の詩の世界
スケン谷3.jpg


s-PB110068.jpg


s-PB110073.jpg


スケン谷は10m滝を左岸から巻いて通過する以外は特に厳しい所はなく、
818P直下の稜線へ詰め上がった。下山は東北東の尾根を下りる。
最後の100mの下りは藪に阻まれ、林道へはロープで下降した。


特大ムキタケ〜下山尾根にて
s-PB110092.jpg


s-スケン谷.jpg




溯行記録へ→ https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56879634.html










posted by 飄逸沢遊会 at 23:08| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

2018年11月3日 花ゾー谷(台高)

【月 日】平成30年11月3日 
【場 所】花ゾー谷(台高)
【参加者】幕内(L) 源蔵 槙野 米田(記)
【コース】中奥川林道P9:08発−半左衛門谷−黒滝10:18−花ゾー谷10:35−
     1400m稜線12:42−明神岳13:40−瀬戸越入口14:20−
     中奥川左岸仕事道15:29−15:58P着  
【時 間】7時間半   
【天 候】晴



s-花ゾー谷.jpg

台高・中奥川の最奥・半左衛門谷の左岸支谷に位置する花ゾー谷を
溯行してきた。
花ゾー谷については、事前情報がなく、何が出て来るかわからない。
どうやら、黒滝谷から右に分かれて稜線に向かっていく谷のようである。


中奥川流域の紅葉・黄葉は今が盛りで素晴らしいものだった。


中奥川沿いの林道を奥へ進み、手掘りのトンネルを抜け、
赤倉谷出合を過ぎ、更に行けるところまで車を走らす。、
幸いなことに終点近くまで車で侵入することが出来た。


中奥林道は、かつての瀬戸越(廃道)の取り付き696ポイントに貯木場があり、
車が入れたのだが、その辺りの林道はもう見る影もなく荒れ果てていた。
少し手前の小広場までは通行可能で5〜6台は置ける小広場に駐車。


駐車場発、9:08。山腹の紅葉が見事である
s-PB030001.jpg


右岸林道沿いに歩き、橋を渡りしばらくで川に降りるロープを伝って
左岸より入渓。全く水のない半左衛門谷を進んで行く。
左岸に出て来る最初の支谷が花ゾー谷だが、なかなか現れず、
左岸の尾根を登って行くとようやく前方にゴーロ谷が見えて来た。


9:44、花ゾー谷(黒滝谷)入渓
全く水のない枯谷である〜まじか!このままずっと水なし!?
しばらくでやっと水が流れだし、ようやく喉を潤すことが出来た。
谷沿いの紅葉が綺麗だ。

10:18、二俣の左手前方に大滝が現れた

これが黒滝!
s-PB030019.jpg

落差20m以上はあるが、残念ながら水量なく、迫力なし。
増水ならばさぞ見事な滝だろう。
両岸ともに急峻過ぎて巻くことは難しい。
二俣まで戻り右俣を進む〜ここからが先が花ゾー谷であろう。

次第に傾斜がきつくなり、足をとられるザレ場状態に。

s-PB030023.jpg

左手の本谷の直上は厳しそうに見えたので、
のぼり易そうな右手のルンゼを進むが次第に傾斜がきつくなる
下から見上げると登り易そうにみえるが、実際に登ると
ぞっとする急傾斜である。


降りるに降りれず、ルンゼ最奥まで詰め上がってしまう。
急すぎて危険で下降は難しい。
どん付きの岩壁沿いに左手へトラバースして行くしかなかった。
ホールドもなく足元が崩れる恐怖のトラバースだった(><)
ここが本日の核心部。


左手のその先端は切れ落ちていたので、1本の木から10mばかり斜め懸垂で
下降し、下に見える大木のある安全地帯へ降りて一息つく。
大木からは5m程のクライムダウンで本谷に復帰することが出来た。


本谷から大木を見下ろす、1050〜1100m辺り
s-PB030028.jpg

ガレ谷は登るほどに傾斜が増し、足元崩れ、落石多発の地獄のザレ場登り。
一方で、見上げる紅葉・黄葉が素晴らしく美しい(^^)
s-PB030026.jpg

上は天国
s-PB030030.jpg

下は地獄のザレ場登り
s-PB030036.jpg

11:44、1150m辺りで尾根に乗った
s-PB030051.jpg

美しい尾根を詰め上がる
s-PB030042.jpg

s-PB030055.jpg


12:42稜線着、前山手前の明るい稜線に出た
国見岳・伊勢辻山が正面に見える
s-PB030066.jpg

詰め上がった稜線はハイカーが次々と行きかい賑わっていた

13:30、稜線発

13:40、明神岳


s-PB030069.jpg

小ピークを幾つか越え過ぎる

14:20、瀬戸越取付発

s-PB030071.jpg

かつてはテープも続いており、踏跡も明瞭だったが、
今はもう跡形もなく消えている。

自然林の痩せ尾根を下っていくと、
落葉敷き積もるいにしえの道らしきものが現れた。
この辺りから新しい赤テープが出て来る。


14:52、1050m辺りの切り開きから薊岳が見えた
s-PB030078.jpg

切り開きから50mほど尾根をまっすぐ下った辺りで
直角に右手に折れて広い尾根を下って行く。

最後は草深い植林帯へ突入する。
GPSで確認しながら左寄りに下っていき、
沢沿いの小道に辿り着いた、15:29。


15:58、駐車地点着。


紅葉の谷と尾根を巡る面白すぎるコース!
お天気とメンバーに恵まれ最高の一日となった(^^)



溯行記録へ → https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56875919.html


2008年9月の記録(半左衛門谷〜瀬戸越)
   ↓
https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/MYBLOG/yblog.html?m=lc&sv=%C8%BE%BA%B8%B1%D2%CC%E7%C3%AB&sk=0


posted by 飄逸沢遊会 at 19:58| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

2018年10月28日 三舞谷左俣 (比良)

[遡行日] 平成30年10月28日
[参加者] YN田、野村(L/記)
[行 程] 8:30 駐車地発 − 9:00 入渓 − 9:30 二俣 − 10:10 25m大滝
     − 12:00 奥の二俣 − 13:00 稜線 − 15:40 駐車地着
[天 気] 晴れ
[その他] 水量少ない(もともと少ないのに)。ヒル見かけず。

 急に思い立った山行だったが、YN田さんが参加。電車バス移動がなくなり朝はゆっくり、帰りの時間も気にせず。
 残念ながら水量は少なかったものの、どんな沢でも行ってみれば楽しいものである。
 キノコの時季がやってきたこともあり、楽しみが倍加する。
 まだ水は冷たくなく、快適遡行。黒い岩はややヌメるが、それも比良ならではというところ。
 堰堤群と、倒木がやや多いのが気になるが、そこそこ楽しい渓である。
 下山は左岸尾根から梅ノ木集落へ直接下りる道を選んだが、倒木はなく、快適な激下りだった。


三舞谷_181028_104408_45.JPG
   青い空に紅葉が映える
     続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 23:01| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日 小日裏谷 (大峰)

[遡行日] 平成30年10月21日
[参加者] TK橋、MN川夫妻、MK野、NS田、野村(L/記)
[行 程] 7:30 猿谷ダムサイト発 − 8:50 駐車地発 − 9:10 小日裏谷出合
    − 10:50 二俣 − 14:50 稜線 − 16:20 篠原集落(車デポ地点)
[天 気] 晴れ
[その他] 水量平常(もともと少ない)。ヒル見かけず。

 始めチョロチョロ中パッパ、直登するにしても巻くにしてもかなりハードなところです。
 入渓ポイントを間違え、ご迷惑をおかけしました。

小日裏谷_181021_103810_33.JPG
   だれそかれ
 続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 20:52| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

2018年10月14日 刈安谷 (大峰)

[遡行日] 平成30年10月14日
[参加者] KB浦(L)、Y田、AK山、野村(記)
[行 程] 7:30 風屋ダムサイト発 − 8:00 笹の滝駐車場発 − 11:15 夫婦滝 − 11:45 遡行終了
    − 13:25 笹の滝入口 − 14:40 ローソク滝 − 15:40 笹の滝駐車場
[天 気] 晴れ
[その他] 少し多め。ヒル見かけず。

 この沢のメインイベントのひとつである「ローソクの滝」、ホホゴヤ谷の出合を見落として行き過ぎてしまった。
気づいたときにはすでに遅く、あきらめて遡行を続けることに。
 しか〜し、早い時間に遡行を終了したおかげで、下山後あらためてスタート地点からピストン、滝を拝むことができました。

刈安谷181014_121940_80.JPG
   これは何というキノコなんでしょうね、おいしそうだけど
 続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 01:58| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

2018年10月7〜8日 立間戸谷 (南紀)

[遡行日] 平成30年10月7〜8日
[参加者] TR田、IS田、S野、KW添、非会員1名、野村(L/記)
[行 程] 道の駅ほんぐう(前泊)
 1日目: 八木尾谷入渓地へ(増水ひどく立間戸谷へ変更)
   9:05 登山口駐車地 発 − 10:00 源助滝手前の広場 − 12:00 ケヤキ平 ◮
 2日目: ◮ 7:30 発 − 8:00 屏風滝 − 8:20 牛鬼滝 − 11:00 植林小屋跡 −
   12:00 ナメ終了点(遡行終了) − 16:20 登山口駐車地
[天 気] 晴れ
[その他] 増水により水量多し。ヒル見かけず。

 前日40mm、前々日30mm、前週末には300mm超。前泊地でも未明ににわか雨が降る悪条件。
 八木尾谷遡行を目指すも、入渓地で滔々と流れる水量を見てあきらめた。
増水していても行けそうな谷ということで、一応あらかじめ考えていた立間戸谷へ行先変更。
 初日は、入渓地から2時間程度のところにあるケヤキ平を幕営地として、のんびり山歩き。天気は上々。
 二日目は、大滝の連続、ナメの連続、ともに水量が多いこともあり迫力十分、快適な滝見・ナメ遊山となった。
 ただ、登山道はわかりづらい箇所も多く、下山には苦労する。時間には十分なゆとりが必要です。

立間戸谷181007_103410_14.JPG
  この花が咲く頃がちょうどマツタケの収穫時期らしい
 
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 13:08| Comment(1) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

大畠谷

2018年9月22日(土)〜24日(日) 参加者 (L)s崎氏 t崎(記)

P9230041.JPG

22日(土)小雨 前夜から入っておられたのに、急な用事でy田氏の不参加が・・・・。心なしか、雨が大降りになったような。

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 07:05| Comment(2) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

2018年9月23日  荒谷(比良)

【月 日】平成30年9月23日
【場 所】荒谷(比良)
【参加者】山口(L)野村 宗川夫妻 源蔵 富永 槙野 川添
     田中 高木 鷺本 他1名  米田(記)
【コース】細川休憩所P7:55−荒谷出合8:05−15m滝9:27−
     二俣10:49−奥ノ二俣12:02−稜線12:51−
     イクタワ峠13:27−釣瓶岳登山口14:51
【時 間】7時間
【天 候】晴時々曇


裏比良の谷では白滝谷、奥ノ深谷、猪谷が秀渓。更に、ヘク谷、口ノ深谷、
八幡谷、貫井谷といった数多の谷がある。

今回は八幡谷と猪谷の間に位置する荒谷(釣瓶谷)を溯行してきた。
釣瓶岳西面を源頭とし、安曇川へ流れ下る比較的穏やかな短い谷である。

比良ではマイナーな初級者向けの谷で、普段はショボイ谷だが、増水
で適度に面白い谷となっていた♪
当初の予定10名に加えて、増水した南紀の谷よりの転戦組3名と、
総勢13名の遠足状態となった。



坊村の葛川市民センターより13名が3台に分乗し、鯖街道を北上。
バス停細川近くの細川休憩所スペースに駐車し、出発。
(八幡谷もここへ駐車するが、4台くらいしか置けない)
s-P9230002.jpg

北へ5分余り歩いた最初の谷が荒谷。
シャガの生い茂る右岸を辿り、しばらく歩き入渓。

s-P9230016.jpg

15m滝
s-P9230018.jpg

15m滝は両岸から二手に分かれて巻く
s-P9230021.jpg


s-P9230029.jpg


8m滝はTさんがリード
s-P9230031.jpg



s-P9230034.jpg


s-P9230036.jpg

ホコリタケ
s-P9230051.jpg


最後の枯滝
s-P9230055.jpg


稜線
s-P9230058.jpg


s-P9230067.jpg


イクタワ峠
s-P9230068.jpg


核心は最後の尾根下りだった。
尾根半ばは倒木でもの凄い荒れ方。
登山道が埋もれていた〜アスレチック状態で右往左往。



夕飯は、キノコ博士Nさんからいただいた
ウスヒラタケのキノコ釜飯&キノコソテー
s-P9230078.jpg



荒谷は穏やかな癒し渓〜楽しい1日でした〜♪



荒谷(比良).jpg


溯行記録へ→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56844728.html
  
posted by 飄逸沢遊会 at 22:11| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

2018年9月2日  蛇谷 (鈴鹿)

[遡行日] 平成30年9月2日
[参加者] A立、YM中、NS田、T中、KW添、MK野、TK木、非会員1名、野村(L/記)
[行 程] 永源寺道の駅(前泊)、7:00宇賀渓駐車場集合
     7:30出 − 8:00白竜吊橋から入渓 − 8:40蛇谷出合 − 12:40二俣 − 13:40竜ヶ岳山頂 − 15:40林道(遠足尾根経由) − 16:00駐車場
[天 気] 晴れのち曇り
[その他] 水量は平水、ヒルの実被害なし。

 前日の雨による増水もなく、恐れていたヒルの襲来に悩まされることもなく...
とにかく、登れそうな滝はできるだけトライしてみた。
 フリクションも効くし、登れる滝がほとんどで、沢登りを満喫できる素晴らしい沢だと思う。

蛇谷_180902_145327_139.JPG

 
 続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 10:13| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

2018年8月19日 奥ノ深谷(比良)

【月 日】平成30年8月19日(日)
【場 所】奥ノ深谷(比良)
【参加者】吉田(L)川添 宗川夫妻 源蔵 山中 大保 米田(記)
【コース】7:00林道入口発−7:36口ノ深谷出合−7:41入渓
     10:36休憩−11:42登山道出合(大橋)−
     12:00下山開始− 12:30牛コバ−13:14林道入口着

【時 間】6時間
【天 候】晴

比良の名渓、奥の深谷を溯行してきた。
夏のハイシーズンとあって、坊村・葛川市民センターの駐車場は早朝から
賑わっていた。林道入口で登山届をすまして、GO!
s-P8190002.jpg

30分余りで口ノ深谷出合
次に出て来た白滝谷にかかる橋の袂から入渓(牛コバの手前の橋)


続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 22:00| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする