2019年11月17日

2019年11月10日 赤井谷(大峰)

【月 日】令和元年11月10日(日)  
【場 所】滝川本谷・赤井谷(大峰)
【参加者】槙野(L) 米田(記)
【ルート】峠の登山口7:30発−1434m7:47−1050m赤井谷出合
     8:40−1070m尾根道出合8:58−1184m10:13−
     深仙宿への支谷出合10:59−1400mトユ状8m滝11:55−
     1500m三俣12:14−1600m雫の滝12:40−
     千丈平12:53着・13:35発−峠の登山口15:01着
【時 間】7時間半
【天 候】晴


大峰・釈迦ケ岳を取り巻く尾根と谷を巡るルートを徘徊してきた。


s-PB100020.jpg


続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 19:14| Comment(0) | '19年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

2019年11月4日 神童子谷 ノウナシ谷(大峰)

[遡行日] 令和元年11月4日
[参加者] K(会員外/L)、S(会員外)、KB浦、野村(記)
[行 程] 8:10 林道(駐)出 − 8:30 入渓 − 10:30 犬取谷出合(釜滝) −
     13:20 ノウナシ滝 − 14:00 千手滝 − 14:40 地蔵滝 −
     15:00 二俣(◮)
     8:40 ◮ 出 − 9:15頃 奥の二俣 − 9:30 稜線縦走路 −
     11:05 下山尾根分岐 −(オソゴヤ谷)−14:00頃 神童子林道
[天 気] 曇りないし晴れ
[備 考] 水量は普通


 すべてがゆったりのんびり遡行だった。
 ノウナシ谷には幕営適地も点在するし、下山ルートのオソゴヤ谷はロープを出すこともなく下れる。時間的には余裕満点。
 前泊地こそ夜間は冷え込んだが、幕営地では晴れなかったこともあり寒さはほとんど感じられなかった。
 この時期にしては暖かい。


ノウナシ谷_191103_110639_38.JPG
  秋の渓谷を逍遥

 
 続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 21:18| Comment(0) | '19年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

2019年10月27日 大杉谷 西ノ谷の上部(台高)

[遡行日] 令和元年10月27日
[参加者] KB浦、Y(会員外)、野村(L/記)
[行 程] 7:30 大台駐車場 出 − 7:50 川上辻 − 9:25 大台辻 −
     10:00 西谷橋上流の二俣(入渓) − 11:00 土倉滝 −
     14:40 稜線登山道(日出ヶ岳) − 15:20 駐車地
[天 気] 曇りのち晴れ
[備 考] 水量はやや多い。ヒル被害なし。

 今週も週末前に三重県南部で非難が必要になるほどの大雨。
上流域なら問題ないとの判断でここ西ノ谷に決定。
 前泊地の大台駐車場には、星空をめでる人たちで結構な車。少し風があったことで結構寒いが、夜半前までは満天の星空だった。
小宴の酒の肴は温かいものがいい。温かいだけでごちそうだ。
 今回の会員外さん、昨日まで下の廊下を下ってたとのこと。なかなか女子さん、お手製わらじでの参上。

西ノ谷(上部)_191027_112902_21.JPG
 ゆったりと秋を感じる気持ちよい沢でしたね。

  続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 22:21| Comment(0) | '19年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

2019年10月20日 葛川 枝又谷(大峰)

[遡行日] 令和元年10月20日
[参加者] KB浦、野村(L/記)
[行 程] 9:00 駐車地 出 − 9:15 笠捨登山道の途中から葛川に入渓 −
     9:40 枝又谷出合 − 10:20 中ノ滝(仮称) − 11:10 奥ノ滝(仮称) −
     12:50 稜線登山道 − 14:40 駐車地
[天 気] 晴れ(雲多し)
[備 考] 水量は多め。ヒル被害若干あり。

 台風やら前線やらと週末近くになると大雨に見舞われている。
 前泊地は風屋ダムサイト。大阪から向かう間も雨が降る状況に暗澹たる気分であったが、ダムは轟音を立てて放水中であるもののダムサイトは乾いていた。
 正直どこに行くかはまだ確定していない。同行予定だったラードさん、翌日は早めに戻らねばならないらしく端から沢の準備をしてきていなかった。(えっ?)
 確かに、前日から尾鷲地方は避難指示が出るほどの大雨であり、葛川流域付近でも200mmを超える雨が観測されている。正直私もその方面の沢は行けばどこも地獄だと思っていた。

 翌20日は朝から晴れる予報ではあったが、相当増水(濁水)していることが考えられ、遡行するか否かはひとまず行ってみてから最終判断することに...

 そんな感じだったので当然出発は遅くなり、ダムサイトを出たのは8時ちょっと前だった(かな?)


枝又谷_191020_112143_49.JPG
 ひょえ〜 水が頭の上を飛んでいく〜   みたいな


続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 16:58| Comment(0) | '19年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

南紀 上葛川 中流部

2019年10月6日(日)快晴 参加者 k谷氏 t永氏 t崎(記)

風谷ダム集合 6時半出発

水量少なく、谷は寒く、巻くこと多かった沢。

笠捨目指すが、お腹いっぱいになり、途中より下山とナル。

PA060014.JPG続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 20:05| Comment(0) | '19年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

2019年9月15-16日 境川 大畠谷(白山山系)

[遡行日] 令和元年 9月15〜16日
[参加者] KB浦、会員外1名、野村(L/記)
[行 程] 桂湖オートキャンプ場脇(前泊)
 【1日目】 6:40 駐車地 出 − 6:50 入渓 − 7:45 2段30m(〜9:30) − 10:50 大谷出合 − 11:35 3mCS+8mCS − 14:40 2段40m(〜15:30) − 16:10 二俣(◮泊)
 【2日目】 7:15 ◮ 出 − 7:45 スラブ(〜10:50) − 11:00 渓に下り立つ − 11:50 尾根上(乗越) − 13:15 二俣 − 14:35 魚留ノ滝 − 16:20 桂湖(遡行終了)− 16:50 駐車地(デポ地)
[水 量] 普通程度とみられる
[備 考] 
 開津谷を下降するなら、流域境界尾根の鞍部(EL1400m)でショートカットするのがベターだと思う。鞍部まで5分以下、藪漕ぎなし。
 これなら大笠山登山道経由でも開津谷経由でも時間的に大差ない。登山道なら夜道でも安全だろうけど。
 開津谷の堰堤工事用道路(跡)は全線草木蔓ぼうぼうで長距離藪漕ぎの苦労は必須のため、桂湖までの堰堤群は懸垂で通過するのがベスト。
 桂湖沿いの区間はぼうぼうながら踏み跡が拾えるので利用できる。というかそこしか道がない。道路(跡)まで這い上がる必要アリ。


大畠谷_190915_173610_138.JPG
 充足感とともに壮大な空間に身を置く  至福のひととき
 取り巻く壁が下界との隔絶感を高めるようだ
 彩には欠けるがまさに別天地
 
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 08:58| Comment(2) | '19年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

2019年9月15日 由良川水系カラオ谷

[日 程] 2019年9月15日
[参加者] 佐野 西田 富永 川添 石田  高橋 寺田(L/記)
[コース] カラオ谷入川道 8:10 −8:35三段滝10:00−11:30最後の二俣 − 13:15稜線 − 14:25入川道
[天 気] 晴れ

京都北山の由良川支流のカラオ谷へゴルジュに癒されに行ってきました!

20190915084123_p.jpg続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 14:06| Comment(0) | '19年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年9月15日 西山谷(六甲山)


【月 日】令和元年 9月15日(日)
【場 所】西山谷(六甲山)
【参加者】槙野(L)大西 宗川夫妻 大保 米田(記)
【ルート】六甲ケーブル山上駅(天覧台P)−寒天山道下降−Co300m−
     西山谷溯行−天狗橋−山上駅
【時 間】5時間
【天 候】晴


六甲山では屈指の谷といわれている西山谷を溯行してきた。

溯行は次から次と現れる堰堤越えの胸突く急登がメインという印象だが、
数多くの小滝群と、5つの中滝の通過も結構楽しかった。

s-P9150023.jpg続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 12:36| Comment(0) | '19年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

2019年9月8日 大塔川・黒蔵谷(南紀)

【月 日】令和元年9月8日(日)
【場 所】大塔川・黒蔵谷【鮎返滝〜高山谷出合】(南紀)
【参加者】谷崎(L)大西 京谷 富永 西田 槙野 高木 能勢 米田(記)
【時 間】9時間半
【天 候】晴
駐車場発7:50−鮎返滝8:03−出谷出合10:01−高山谷出合12:36
高山谷出合発12:52−登山道出合13:14−山ヌケ(14:00〜15:46)
2度目の山ヌケで沢に下降16:40−鮎返滝17:04−駐車場着17:30


泳ぎの谷として定評のある黒蔵谷を日帰りで溯行してきた。

s-P9080005.jpg
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 21:35| Comment(2) | '19年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南紀 大塔川 黒蔵谷

2019年9月8日(日)天気 晴れ

参加者 o西 k谷 t木 t永 n勢 n田 m野 y田 t崎(記)

黒蔵谷のさわりへ。前夜の大雨も朝には朝霧となり、快晴。

今年一の水量の少なさにびっくり。

思い思いに、流れに身を任せ、イルカになり、潜り、飛び込み、

水と戯れることができた一日だった。

が、下山が核心!昨年の台風か、山道の大ガレに難儀。

P9080062.JPG続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 21:21| Comment(0) | '19年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする