2016年10月22日

2016年10月15-16日 舟ノ川-三ッー谷(大峰)

[参加者] 山口(L)、齋藤(記)、佐野
[天 候] 初日:晴れ(朝の気温:6℃)、2日目:晴れ時々曇り
[水 量] 少な目
[前泊地] 道の駅「吉野路大塔」

大峰は明星ヶ岳よりほぼ東に駆け下り、Co750で北から落ちる日裏谷本谷に合わさるまでに
いくつもの滝をかける。西向きで陽はあたらぬものの比較的開けた谷であるが、関西でも険谷の部類に
数えられる。総じて岩のぬめりは思いのほかきつく、巻きのラインも渋い印象でした。

14657499_1137855772969977_4587255517673495775_n.jpg

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 11:30| Comment(2) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15-16日 舟ノ川-イブキー谷(大峰)

[参加者] YS田(L)、野村(記)、会員外2名(TJ、SM)
[天 候] 初日:晴れ(朝の気温:6℃)、2日目:曇り
[水 量] 普通程度だと思う
[前泊地] 猿谷ダムサイト(通行止めを分け入る)

 水あり、トイレあり、東屋ありの静かな前泊地。
 近頃の朝晩はめっぽう冷え込むようになり、テントの中での決起集会。
23時頃に4名揃い踏み。ペースの速い飲みっぷりで、日が変わる頃には寝た、ようだ。
 翌朝はひと桁の気温。早出のつもりが、準備を済ませてダムサイトを出たのが7時半。
林道終点に8:40着。外気温6℃、霜が下りそうな気温である。
 途中、湯又の広場には三ツー谷遡行チームの車が置かれ、すでに出発した模様。そりゃそうだろう、それが普通だ。

イブキー_161015_093457_015.JPG  イブキー_161015_142303_087.JPG  イブキー_161016_103259_140.JPG
桶側の滝は威容でいて異様だ  輝くしぶきに釜が待つ  順層で湿って滑るルート
 
 滝のスケール、巻きのスケール、何よりヌメった岩がいちばんびびる。渓としては、滝が多いわけでもなく、意外と大人しい印象を受けた。荒れだすと手をつけられないのかもしれないが。
 ただ、もう少しカラっとしているといいのになぁ。  
 続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする