2016年10月31日

10月30日 水量谷 鎌ヶ岳 鈴鹿 

30 Oct 2016
[日時]2016年10月30日
[場所]三重県 鎌ヶ岳 水量谷 
[参加]Y本(L記)S野
[天候]晴れ 

滋賀県側の武平峠の駐車場の奥から踏み跡を辿り入渓。
山頂まで標高差300m無いほどの短い沢。ずいぶんマイナーかもしれません。
水量谷という名前ですが水量は少ない。
ガレゴーロが9割という感じの沢でした。

IMG_0389.JPG

10m置きにケルンが積んであり不思議でした。出てくる滝の捲き道にはかすかな踏み跡がありました。遠い昔に炭焼きをしていた人達が利用していたかもしれません。昔の登山道なのか杣道なのかテープもあり危険なところはありません。(一箇所明らかにおかしなテープありました。)順調に進みましたが最後の通せんぼだけが核心でした。(残念ながら写真なし)
いつも参考にさせて頂いている めざせ鈴鹿の沢 制覇には稜線に上がる最後の通せんぼの右岸の溝の箇所は立ち木まで近そうで遠い、フットジャムもなかなか決まらない。ホールドも脆いと書かれていました。
いざ取り付いてみると全てその通りでおまけに支点が取れない。
中間支点がなかなか取れずまずいなあと思い焦りが出ました。足場も悪く 場所によってはかなり小さいスタンスで落着いて行動する必要もありました。途中どうしても信頼できるホールドが無かったので草を出来るだけ束ねてあまり引っ張らずに押し気味で押し付けました。ここが一番ヒヤリとしました。何とか立ち木に届いてスリングをセットして中間支点が確保できた時は安堵感でいっぱいでした。その後後続を引き上げて危険地帯は終了しました。尾根に出るといつもの三ツ口谷の道と武平峠の登山道の交差点。
今日は時間もあったので山頂を踏んで下山しましたがずいぶん多くの方で賑わっていたので驚きました。

IMG_0386.JPG

IMG_0388.JPG

IMG_0395.JPG
IMG_0392.JPG
IMG_0397.JPG
IMG_0398.JPG





posted by 飄逸沢遊会 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする