2017年05月07日

平成29年4月30日 松ノ木谷 小岐須渓谷 鈴鹿 

30 Apr 2017
【参加者】 山本(L) M夫妻 S野
【コース】 小岐須渓谷山の家 −大岩谷(0930)-右の松ノ木谷へ
      −入道ヶ岳山頂-池ノ谷道を利用して下山
       
【天 候】  晴

今週も鈴鹿の小岐須渓谷入り。
5月に入ると吸血鬼が活発になるので小岐須は今が旬です。
松ノ木谷は大きな滝はありませんが直登できる小滝がたくさんでした。またトイ状のナメは美しく楽しい時間でした。
沢を詰めると傾斜のあるガレ場になり20分ほどの我慢でイワクラ尾根に出ることが出来ました。ややアップダウンありますが鎌ヶ岳を左に見ながらいい尾根歩きでした。
入道ヶ岳には驚くほどの多くの人がそれぞれいい時間を過ごされていました。下山は池ヶ谷登山道で戻りました。沢と並行して歩くコースなので沢の下見も兼ねて下山しました。松ノ木や紺屋谷と違い黒い岩に暗い感じの沢で入渓にややためらう感じです。次は大岩谷かヤケギ谷がターゲットです。しばらく小岐須に通います。

IMG_0470.JPG

IMG_0475.JPG

IMG_0473.JPG

IMG_0471.JPG

IMG_0472.JPG

IMG_0476.JPG

IMG_0477.JPG

posted by 飄逸沢遊会 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年4月30日 西種子川(愛媛)


【参加者】 山口  米田(記)
【ルート】  登山口発7:12−魔戸ノ滝7:17−尾根の分岐看板7:48−
         入渓7:56−20m滝入口8:54−20m滝落口9:32−
        ガイコツ岩CS5m滝10:06− 逆層の沢床11:20−
        長渕20m12:28−1260m・二俣13:44

        二俣発14:00−廃屋跡15:44−尾根の分岐看板16:24−
        魔戸ノ滝16:47 −登山口着16:52

【時 間】 10時間(溯行6時間・下山3時間)
【天 候】 晴


前夕発。大阪から、明石海峡大橋・徳島道・松山道をへて入野PA着。
瀬戸大橋経由で来られた山口さんと合流し、小宴の後、就寝。

翌朝、10km程先の新居浜ICで下車し、西進し、西ノ谷川沿いの林道を遡る。
駐車場の手前に一部、石が露出している悪路があったが、
車高の低い軽四でも何とかクリア出来た。


駐車場より歩いて5分で魔戸ノ滝40mが現れた
s-P4300093.jpg


滝よりは急な尾根を登ること30分で沢への分岐の看板があった。
分岐からは数分で容易く沢へ降り立つことが出来た。


のっけから美しい小滝・ナメ滝が連続する
s-P4300015.jpg


濃いピンクのアケボノツツジが渓を彩る
今回もっとも美しい渓流風景(^^)
s-P4300023.jpg

20m滝は左岸の泥付きガリーを登攀
s-P4300031.jpg

9:23、20m滝の前からは、左岸の苔生した美しいルンゼに取り付き、巻き上がる。

20m滝の落ち口
s-P4300037.jpg

滝はほとんどを巻いて通過〜巻き道もよく踏まれていた
s-P4300039.jpg

苔が美しい
s-P4300043.jpg

s-P4300046.jpg

s-P4300066.jpg


入渓して約6時間、1260mの二俣にて溯行終了。
二俣からは、造林小屋の残骸が点在する左岸をしばらく進み、
石段を登ると、仕事道が続いていた。

この仕事道は不明瞭な箇所が多く、要注意(><)

明るいうちに無事、登山口に帰り着いた〜山口さんお世話になりました
s-P4300094.jpg



西種子川は大阪から4時間かかった(自宅より約295km)が南紀の
沢と時間的には変わらない(但し、すべて高速道)。
前夜発、日帰りでギリギリ行ける範囲だった。
遠いけれども、溯行する価値のある変化に富んだ良い沢だったと思う。

s-西種子川(愛媛).jpg


帰りは新居浜で、はなまるうどんを食べた。
鶏天はデカかったが、うどんは大阪と同じ味だった。
PAで30分程仮眠し、11時過ぎには帰宅。

事故・怪我なく無事の帰宅が嬉しかったです(^^)




溯行記録へ→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56417427.html
posted by 飄逸沢遊会 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年4月23日  鳴谷(南紀)

【参加者】  谷崎 山口 野村 京谷 米田(記)

【ルート】  林道・太郎橋の袂より入渓8:15−連瀑帯右岸巻き8:40−
       沢床へ戻る9:37−かくれ滝9:46−8m大釜9:59−
       15m滝10:17− 2段20m滝12:15−
       10m滝12:30−岩壁登攀−沢床に戻る13:55−ナメ滝14:01−
       鳴谷大滝70m14:12− 林道着16:51

【時 間】  9時間(溯行6時間・下山2時間半)

【天 候】  晴


南紀・鳴谷は以前に溯行しており、結構、巻きが辛いというイメージがあった。

s-P4230001.jpg


ポイントは2箇所。


以前、最初の上部連瀑帯は大西さんが滝のすぐ右をハーケンを打って
登られたのだが、今回は滑りながら右岸に渡り、脆い土壁の樹林帯を登った。
山口さんがトップで抜け、ロープをFIX.された。
樹林を掴めるので、さほど悪くはないが、見た目より傾斜がきつい上に
土が脆く頻繁に落石があり、ここも緊張した。


s-P4230019.jpg


s-P4230037.jpg


この滝の右岸巻きが核心
s-P4230042.jpg


そして、10m滝の右岸巻き!
ここは野村さんがトップで、木の根を掴んで、3mばかり上の樹木に乗り上がり、
脆いガレガレの岩壁を右手へ見事に斜上トラバース。
5名がこの岩壁を抜けるのに1時間以上かかった。
s-P4230046.jpg


岩壁を抜けた最上部の岩場から遥かに見えた鳴谷大滝70mが印象的だった。
s-P4230051.jpg


鳴谷大滝70m
s-P4230058.jpg


そして下山!左岸の尾根を下って行くが、10mと続く20m滝で懸垂下降を2回。
ここでは谷崎さんが先頭を切って40mロープを駆使された。
結構悪いトラバースやクライムダウンを交えつつ高度を下げて行く。


長い長い先の見えない下山だつたが、見覚えのあるトラロープが現れた時は
ほっとした。林道はすぐそこだった。
明るいうちに帰り着いた!メンバーに感謝です(^^)




溯行記録へ→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56409453.html

 
posted by 飄逸沢遊会 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする