2017年08月29日

金木戸川 小倉谷(北ア)

[日 程] 2017年8月12日〜15日
[参加者] TN崎(L)、K谷、KN藤、S野、野村(記)
[コース] 0日目: 新穂高 鍋平駐車場 集合(前泊)
     1日目: 第一ゲート7:40 − 12:30小倉谷出合 − 17:20広河原(◮泊)
     2日目: ◮7:05 − 8:45長淵 − 13:10 40m滝 − 14:45二俣 − 18:00河原地(◮泊)
     3日目: ◮6:40 − 7:20奥の二俣 − 10:30奥の奥の二俣 − 12:30笠ヶ岳 − 18:40クリヤ谷登山口 = 帰途
[天 気] 概ね曇りがち、夜間時々小雨
[水 量] やや多目というところか  岩に滑りはほとんどなく、フリクション上々

 ホームグラウンドたる紀伊半島とは全く雰囲気の異なる、開放感、スケール感を味わうことができる明るい渓でした。笠ヶ岳山頂へは藪漕ぎをすることなく直接突き上げることができましたが、ガレ場の浮石には要注意です。青空に恵まれればより最高だったろうが、概ね天気に恵まれたのだから、それは贅沢というものか。
 小倉谷(おぐらだに)は今回程度の水量であれば、とくに難儀する泳ぎも登攀も高巻きもなく、快適な遡行ができます。快適な幕営地は意外と少なく、多人数での幕営地は限られるので少人数で時間にゆとりをもって行きたい。
 今回、3者が3様の遡行図を持ち寄った。ちなみに私が持参したのは「北アルプスの沢」白山書房から。
なかなか正確でしたよ。

     0.JPG
     意外とすばしっこいかわいいヤツ(クロサンショウウオ)

 続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 23:37| Comment(0) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする