2017年11月19日

2017年11月12日  大川口〜バリゴヤノ頭(大峰) 

【月 日】 2017年11月12日(日)
【場 所】 大川口〜バリゴヤノ頭(大峰)
【参加者】 富永(L) 林  足立  米田(記) 他2名
【ルート】 大川口−バリゴヤノ頭−強力の頭−モジキ谷出合
【時 間】 7時間
【天 候】 快晴

大川口発6:38−最後のピーク懸垂下降10:22−稜線のコル10:34−
バリゴヤノ頭山頂11:03−山頂発11:27−強力の頭12:00−
モジキ谷出合13:41

s-バリゴヤノ頭.jpg

初冬の落葉敷きもる尾根歩き。
大峰のバリエーションルートを歩いてきた。

大川口手前の朽ちた鉄梯子から取り付く
s-PB120002.jpg

落葉の美しい自然林の森
s-PB120008.jpg

険しい岩場
s-PB120013.jpg

最後の小ピークから懸垂下降
s-PB120039.jpg

バリゴヤノ頭・1580m山頂から薄っすら白い稲村&大日
s-PB120048.jpg

強力の頭から尾根を下る
s-PB120056.jpg

名残の紅葉が美しい
s-PB120064.jpg
 



山行記録へ→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56599841.html

posted by 飄逸沢遊会 at 17:09| Comment(0) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

2017年11月5日 ヒミズ谷(鈴鹿)

【月 日】 2017年11月5日(日)
【場 所】 鈴鹿・綿向山  ヒミズ谷
【参加者】 山本(L) 槙野  米田(記)
【ルート】 駐車場発8:06−表参道登山道より下降8:29−
      500m二俣より入渓8:35−850m二俣は左10:54
      −金明水11:29−登山道八合目11:30−綿向山山頂11:45
      −竜王山13:42−駐車場着14:51
【時 間】 7時間
【天 候】  晴


鈴鹿のマイナールートを数多く歩かれているYさんのお誘いで、
鈴鹿・綿向山へ詰め上がるヒミズ谷を溯行してきた。

s-ヒミズ谷(鈴鹿).jpg

ヒミズ(日不見)谷(陽が当らない谷)で、
この時季に下半身まで浸かるのは辛いもんがあったが、
まぁ、この9月末に溯行した北ア・赤木沢のあの凍る水の冷たさを思うと、へでもない。

と、その時の記録→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56567765.html


水量は多めで登れる小滝・中滝が次々と現れ,、その応接に忙しい。
岩のフリクションも良好で、滑ることがない大変登り易い岩質だった。
谷中ではやはり大雨の影響か、倒木で荒れている地帯があった。

s-PB050016.jpg  s-PB050026.jpg

s-PB050028.jpg  s-PB050029.jpg

s-PB050032.jpg  s-PB050033.jpg

s-PB050036.jpg  

s-PB050045.jpg


黄葉が渓を彩る中、美しい谷を溯って行くのは、
とても楽しいもので、ヒルに悩まされることもない快適な溯行だった。
詰めも明るくわかり易い。源頭部のすぐ上に登山道が横切っていた。


大勢の人で賑わう山頂からはかつて歩いたイブネ・雨乞岳・鎌ケ岳等の展望が拡がる。
下山は竜王山への長い縦走路を辿る。山腹の紅葉はまだ見頃で、自然林の
紅葉の森を抜けると最後に綿向山の全貌を望むことが出来た。
s-PB050069.jpg  


黄葉の沢、大展望、自然林の森・・と、秋山を満喫することが出来た佳き一日だった。






溯行記録へ→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56592897.html

posted by 飄逸沢遊会 at 16:19| Comment(0) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする