2018年04月27日

2018年4月22日 池ノ谷(鈴鹿)

【場 所】 御幣川・池ノ谷(鈴鹿)
【月 日】 2018年4月22日(日)
【参加者】 山本(L)佐野 宗川夫妻 米田(記)
【ルート】  小岐須渓谷駐車場8:05−池ノ谷出合8:27−
       ゴルジュ入口の滝−8:49−左岸巻きで川床へ9:04−
       大岩9:16−小屋9:35−入道ケ岳山頂11:00着−
       山頂12:00発ー駐車場着13:31                            
【天 候】 晴
【時 間】 5時間

s-池ノ谷(鈴鹿).jpg


鈴鹿・入道ケ岳の南南西の斜面を流れ下る池ノ谷(池ケ谷)を溯行してきた。

下部にゴルジュ帯があるが、それ以外は自然林に囲まれた癒し渓。
小滝の連続する後半部は楽しく快適に登ることが出来る。

源流域は登山道を辿り最後は明るい笹原に出た。
入道ケ岳山頂は人でごった返していたが、下りの池ノ谷・滝ケ谷コースは
静かで人気はなかった。

御幣川・池ノ谷は初心者及び沢初めの足慣らしの谷として
うってつけの場所だろう。


ゴルジュ入口4m滝
s-P4220044.jpg


s-P4220048.jpg
   

s-P4220068.jpg



s-P4220080.jpg


s-P4220096.jpg

源流域
s-P4220110.jpg



s-P4220120.jpg



s-P4220125.jpg



s-P4220128.jpg



下山は変化に富んだ登山道〜尾根を下り、滝ケ谷に合流
s-P4220136.jpg









溯行記録へ→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56733543.html


posted by 飄逸沢遊会 at 21:51| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする