2018年06月27日

2018年6月24日 堂倉谷上流域〔奥ノ左俣〜石楠花谷〕 (台高)

[遡行日] 2018年6月24日
[コース] 大台ヶ原駐車場 6:50 − 7:30 正木嶺− 奥ノ左俣(下降)− 12:30 右俣出合− 13:00 堂倉本谷出合−(林道経由)− 14:00 石楠花谷出合− 19:00 正木ヶ原遊歩道− 20:00 駐車場
[参加者] 野村(L)記、ラード、源蔵、YN田、T中、わんこ、マコ、A立、YM中、MK野、MN川夫妻   計12名
[天気、水量] 曇りのち晴れ  水量多め
    (上北山で4日前に212.5mm、前日に36.5mmの降雨を観測)

 朝6:30に大台ヶ原の駐車場に集合。
 総勢12名、どことなく不思議なメンバー構成に思われたが、2チームに分かれて出発。分かれてみると、精鋭4名、その他大勢8名、それなりの構成に落ち着いた感じ。
 精鋭4名が先行、8名があとを追う展開を考えていたのだが、ふたを開けてみれば、精鋭達がルートミスで石楠花谷下降〜堂倉本谷遡行、8名が予定どおりのルートを辿ることとなり、結局、完全別行動となった。
 先行4名は17時には駐車場へ帰還、後発8名は20時帰還。
 明るいうちに遊歩道へたどりつけるか心配もしたが、美しい夕焼けが迎えてくれた。
 皆さん本当にお疲れ様でした。 とくに新会員ながら、先導してくれたT中さん、おかげさまで無事生還できました。
 大雨後で増水を心配したが、上流域の支流のためか思ったほどではなく、ちょうどいいくらいでした。 増水時のおすすめコース! です!!

堂倉谷 石楠花谷_180624_192132_76.JPG



続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 13:06| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

鈴鹿 内部川 宮妻峡 カズラ谷

[日 程] 2018年6月17日

総勢21名での沢登り。
最初のゴルジュは捲き不可なので直登あるのみ。新人の方もいらっしゃったのですが皆さんイケイケでした。装備もばっちり、体力もありました。
2つのグループに分けて入渓しましたがそれでも1グループ10人と沢には多い人数でした。遠足のようで楽しかった。
個人的にはS字のスラブ状12M滝が一番面白かったです。


カズラ谷.jpg

カズラ谷2.jpg

カズラ谷3.jpg

カズラ谷4.jpg

カズラ谷5.jpg

カズラ谷6.jpg

カズラ谷7.jpg

カズラ谷8.jpg







posted by 飄逸沢遊会 at 23:04| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

鈴鹿 小岐須渓谷 御幣川本流

[日 程] 2018年6月09日
[参加者] Y本(記)
[コース] 小岐須渓谷山の家~池ノ谷出合い~小岐須渓谷山の家
[天 気] 晴れ

新しい沢靴購入。本番前に軽く慣らし。
ファイブテン ウォーターテニーちゃん。
酷使したからか、前の靴は表もズタボロ。裏もツルツル。一年しか使ってへんのに。
日曜日は台風らしいので入渓も下山も最短、おまけに家から近い小岐須の御幣川をチョイス。
一人遊んできました。
大きな滝はありませんが廊下はカッコいい, 水もエメラルドグリーンで綺麗。石灰岩の白も素敵でした。
青い空も良かった。ナッツやボールナッツの練習もしました。
1時入渓の3時下山、4時には地元のイオン桑名で買い物していました。
短い沢ですが美しいポイント多くて私の中ではお気に入りです。
ヒルポンも遭遇せずいい日いい沢でした。

おぎす8.jpg

おぎす7.jpg

おぎす5.jpg

おぎす6.jpg

おぎす.jpg

おぎす4.jpg

おぎす3.jpg



posted by 飄逸沢遊会 at 22:52| Comment(1) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

八木川源流(左股)

2018年6月3日(日)

参加者 a立 n村 s崎 k谷 nヘル t永 会員外4人 t崎(記)

前泊 道の駅「ようか但馬蔵」朝7時発 

福定親水公園まで車 駐車場はすでに満杯状態。 

8時過ぎ入渓

P6030003.JPG

最初の45m滝 果敢に挑み。巻きは4人、残りは登攀!逆層岩。
斜面には残雪が。巻きもずるずるで滑り、足が決まりにくい。浮き岩も多い。


P6030004.JPG  


巻き組は登攀組が来るまで、上の滝で懸垂練習。

P6030006.JPG

P6030009.JPG 

不動滝30m ここは右岸を高巻き。

P6030012.JPG

P6030015.JPG

10m滝、沢、初体験者もシャワーを浴びて登る。

P6030026.JPG

P6030044.JPG

P6030047.JPG

2段40m滝

高巻きもトラバースが悪く、落石多く、下の登攀者が危なかっった。

もう少し考えて登らなければいけなかった。

P6030049.JPG
15m滝

この後も小滝が続く。

4人は奧の二股で(1200m)右へ。ここは比較的なだらかで、最後は笹藪を30mほどこぎ登山道へ。

残り7人は目の前に温泉がちらつき、早く帰りたいと手前の谷で詰めあげ、笹藪に突入していった。

P6030050.JPG

みなさん お疲れ様でした。

やはり、雪が残るせいか水が冷たく感じられた。
水量は多くなかったが、石のぬめりは少ないように思われた。
posted by 飄逸沢遊会 at 20:29| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする