2018年06月04日

八木川源流(左股)

2018年6月3日(日)

参加者 a立 n村 s崎 k谷 nヘル t永 会員外4人 t崎(記)

前泊 道の駅「ようか但馬蔵」朝7時発 

福定親水公園まで車 駐車場はすでに満杯状態。 

8時過ぎ入渓

P6030003.JPG

最初の45m滝 果敢に挑み。巻きは4人、残りは登攀!逆層岩。
斜面には残雪が。巻きもずるずるで滑り、足が決まりにくい。浮き岩も多い。


P6030004.JPG  


巻き組は登攀組が来るまで、上の滝で懸垂練習。

P6030006.JPG

P6030009.JPG 

不動滝30m ここは右岸を高巻き。

P6030012.JPG

P6030015.JPG

10m滝、沢、初体験者もシャワーを浴びて登る。

P6030026.JPG

P6030044.JPG

P6030047.JPG

2段40m滝

高巻きもトラバースが悪く、落石多く、下の登攀者が危なかっった。

もう少し考えて登らなければいけなかった。

P6030049.JPG
15m滝

この後も小滝が続く。

4人は奧の二股で(1200m)右へ。ここは比較的なだらかで、最後は笹藪を30mほどこぎ登山道へ。

残り7人は目の前に温泉がちらつき、早く帰りたいと手前の谷で詰めあげ、笹藪に突入していった。

P6030050.JPG

みなさん お疲れ様でした。

やはり、雪が残るせいか水が冷たく感じられた。
水量は多くなかったが、石のぬめりは少ないように思われた。
posted by 飄逸沢遊会 at 20:29| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする