2018年07月24日

2018年7月14日〜16日 正沢川・細尾沢(中央アルプス・木曽駒ケ岳)

【月 日】平成30年7月14日〜16日 
【場 所】正沢川・細尾沢(中央アルプス・木曽駒ケ岳)
【参加者】寺田(L) 足立 石田 米田(記)
【コース】
     7月14日(土)    6時間   
    8:20駐車場発−8:40沢登りコースの道標− 9:20入渓−
    12:17玉ノ窪沢出合−13:53細尾沢出合(幕営)

     7月15日(日)   11時間   
    5:35細尾沢出合発−6:05細尾大滝40m−
    10:38二俣(右へ)−11:20大岩の二俣(左へ×→藪漕ぎ)−
    12:25本谷へ復帰2575m−
    13:57ガレ場2750m−15:54木曽駒ケ岳山頂2960m−
    17:03九合目・玉ノ窪山荘着(泊)

     7月16日(月)   4時間半   晴                    (下山・福島Bコース)
    6:10玉ノ窪山荘発−8合目水場−7:52七合目避難小屋−   
    4合目半水場−8:55五合目−10:02幸ノ川渡渉−
    10:38駐車場着


中央アルプスの盟主・木曽駒ケ岳の北東面を源頭とする正沢川本谷の支谷で
駒ケ岳本峰の北面から流れいでる細尾沢を溯行してきた。

入渓から最終の駒ケ岳直下までほとんど白い花崗岩の続く谷で、
ソールフリクションは抜群で登り易く、
澄んだ美しい水と相まってとても明るい渓相である。


入渓
s-P7140007.jpg

白い岩と澄んだ水
s-P7140027.jpg

1日目は細尾沢出合までの滝のないゴーロ歩きで休憩を多めにとった
半日コース。結構な水量に阻まれ渡渉に手間取ることもあった。
s-P7140021.jpg


2日目は細尾大滝40mを越え、標高差1000mを山頂まで詰め上がる。
s-P7150044.jpg

s-P7150064.jpg

s-P7150067.jpg

二俣は右へ
s-P7150091.jpg

s-P7150110.jpg

s-P7150117.jpg

お花畑で一息〜チングルマ、アオノツガザクラなど高山植物が
       開き出しており、目を楽しませてくれた。
s-P7150118.jpg
当日中に下山予定だったが、ルートミスによる藪漕ぎに時間を費やし、
山頂直下のガレ登りが長く険しく、山頂着が夕方4時となった。
s-P7150125.jpg

s-P7150129.jpg

駒ヶ岳九合目の玉ノ窪山荘まで降りて来た時にはすでに5時を
過ぎており、小屋に一泊することになり(´▽`) ホッ!

九合目・玉ノ窪山荘
s-P7150132.jpg

3日目に福島Bコースを下った。
七合目避難小屋より御岳が美しかった。
s-P7160141.jpg



3日間お天気とメンバーに恵まれ、苦しくも楽しい山旅でした〜♪


s-細尾沢(木曽駒).jpg


溯行記録へ→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56801988.html
posted by 飄逸沢遊会 at 00:02| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする