2018年09月28日

大畠谷

2018年9月22日(土)〜24日(日) 参加者 (L)s崎氏 t崎(記)

P9230041.JPG

22日(土)小雨 前夜から入っておられたのに、急な用事でy田氏の不参加が・・・・。心なしか、雨が大降りになったような。

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 07:05| Comment(2) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

2018年9月23日  荒谷(比良)

【月 日】平成30年9月23日
【場 所】荒谷(比良)
【参加者】山口(L)野村 宗川夫妻 源蔵 富永 槙野 川添
     田中 高木 鷺本 他1名  米田(記)
【コース】細川休憩所P7:55−荒谷出合8:05−15m滝9:27−
     二俣10:49−奥ノ二俣12:02−稜線12:51−
     イクタワ峠13:27−釣瓶岳登山口14:51
【時 間】7時間
【天 候】晴時々曇


裏比良の谷では白滝谷、奥ノ深谷、猪谷が秀渓。更に、ヘク谷、口ノ深谷、
八幡谷、貫井谷といった数多の谷がある。

今回は八幡谷と猪谷の間に位置する荒谷(釣瓶谷)を溯行してきた。
釣瓶岳西面を源頭とし、安曇川へ流れ下る比較的穏やかな短い谷である。

比良ではマイナーな初級者向けの谷で、普段はショボイ谷だが、増水
で適度に面白い谷となっていた♪
当初の予定10名に加えて、増水した南紀の谷よりの転戦組3名と、
総勢13名の遠足状態となった。



坊村の葛川市民センターより13名が3台に分乗し、鯖街道を北上。
バス停細川近くの細川休憩所スペースに駐車し、出発。
(八幡谷もここへ駐車するが、4台くらいしか置けない)
s-P9230002.jpg

北へ5分余り歩いた最初の谷が荒谷。
シャガの生い茂る右岸を辿り、しばらく歩き入渓。

s-P9230016.jpg

15m滝
s-P9230018.jpg

15m滝は両岸から二手に分かれて巻く
s-P9230021.jpg


s-P9230029.jpg


8m滝はTさんがリード
s-P9230031.jpg



s-P9230034.jpg


s-P9230036.jpg

ホコリタケ
s-P9230051.jpg


最後の枯滝
s-P9230055.jpg


稜線
s-P9230058.jpg


s-P9230067.jpg


イクタワ峠
s-P9230068.jpg


核心は最後の尾根下りだった。
尾根半ばは倒木でもの凄い荒れ方。
登山道が埋もれていた〜アスレチック状態で右往左往。



夕飯は、キノコ博士Nさんからいただいた
ウスヒラタケのキノコ釜飯&キノコソテー
s-P9230078.jpg



荒谷は穏やかな癒し渓〜楽しい1日でした〜♪



荒谷(比良).jpg


溯行記録へ→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56844728.html
  
posted by 飄逸沢遊会 at 22:11| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

2018年9月2日  蛇谷 (鈴鹿)

[遡行日] 平成30年9月2日
[参加者] A立、YM中、NS田、T中、KW添、MK野、TK木、非会員1名、野村(L/記)
[行 程] 永源寺道の駅(前泊)、7:00宇賀渓駐車場集合
     7:30出 − 8:00白竜吊橋から入渓 − 8:40蛇谷出合 − 12:40二俣 − 13:40竜ヶ岳山頂 − 15:40林道(遠足尾根経由) − 16:00駐車場
[天 気] 晴れのち曇り
[その他] 水量は平水、ヒルの実被害なし。

 前日の雨による増水もなく、恐れていたヒルの襲来に悩まされることもなく...
とにかく、登れそうな滝はできるだけトライしてみた。
 フリクションも効くし、登れる滝がほとんどで、沢登りを満喫できる素晴らしい沢だと思う。

蛇谷_180902_145327_139.JPG

 
 続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 10:13| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする