2019年09月19日

2019年9月15-16日 境川 大畠谷(白山山系)

[遡行日] 令和元年 9月15〜16日
[参加者] KB浦、会員外1名、野村(L/記)
[行 程] 桂湖オートキャンプ場脇(前泊)
 【1日目】 6:40 駐車地 出 − 6:50 入渓 − 7:45 2段30m(〜9:30) − 10:50 大谷出合 − 11:35 3mCS+8mCS − 14:40 2段40m(〜15:30) − 16:10 二俣(◮泊)
 【2日目】 7:15 ◮ 出 − 7:45 スラブ(〜10:50) − 11:00 渓に下り立つ − 11:50 尾根上(乗越) − 13:15 二俣 − 14:35 魚留ノ滝 − 16:20 桂湖(遡行終了)− 16:50 駐車地(デポ地)
[水 量] 普通程度とみられる
[備 考] 
 開津谷を下降するなら、流域境界尾根の鞍部(EL1400m)でショートカットするのがベターだと思う。鞍部まで5分以下、藪漕ぎなし。
 これなら大笠山登山道経由でも開津谷経由でも時間的に大差ない。登山道なら夜道でも安全だろうけど。
 開津谷の堰堤工事用道路(跡)は全線草木蔓ぼうぼうで長距離藪漕ぎの苦労は必須のため、桂湖までの堰堤群は懸垂で通過するのがベスト。
 桂湖沿いの区間はぼうぼうながら踏み跡が拾えるので利用できる。というかそこしか道がない。道路(跡)まで這い上がる必要アリ。


大畠谷_190915_173610_138.JPG
 充足感とともに壮大な空間に身を置く  至福のひととき
 取り巻く壁が下界との隔絶感を高めるようだ
 彩には欠けるがまさに別天地
 
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 08:58| Comment(2) | '19年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする