2020年10月27日

氷ノ山 八木川 布滝谷

2020年10月25日(日) 参加者 K谷氏 K野氏 S籐氏 T中氏 T橋さん Y中さん  会員外 T崎(記)  
 
快晴、絶好の紅葉、沢 日より

PA250082.JPG


 続きを読む
posted by at 20:52| Comment(0) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笠形山 根宇川 滝ノ谷

 2020年10月24日(土) 参加者 K谷氏 T崎(記)

滝見尾根 滝見台からの偏妙ノ滝は抜群


PA240058.JPG


続きを読む
posted by at 20:09| Comment(0) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月25日 三舞谷右俣(比良)

[遡行日] 令和 2年 10月 25日
[参加者] 野村(単独)
[行 程] 8:44 葛川梅の木バス停 − 9:15 三舞谷橋 出発
     − 9:35 入渓 − 9:55 二俣 − 11:20 ガレ二俣 − 12:00 登山道
     − 12:35 御殿山山頂 出発 − 13:45 金糞峠 − 15:35 JR比良駅
[天 気] 晴れ 
[備 考] 水量は普通


 先週の貫井谷に続く比良の谷連チャン。今回は交通機関利用で、あまり人の入らない沢を選択。
 三舞谷左俣はちょうど2年前にYN田さんと辿ったが、今回はその右俣。
 左俣が登られているということは右俣はそれほどでもないということであり、
そろそろ寒くなってきたこの時期として、単独でもそこそこ楽しめるかとの考えである。
 ひとつショックだったのは、朽木学校前行きのバスが夕方の1往復がなくなっていたこと。
 よって今回は、三舞谷を詰めたあと、中峠、金糞峠、比良駅までの比良山地横断ルートとした。


三舞谷右俣_201025_125108_66.JPG
   紅葉に鮮やかさはないが、秋の渓を満喫(口の深谷にて)



    続きを読む
posted by at 08:24| Comment(0) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月21日

2020年10月18日 貫井谷(比良)

[遡行日] 令和 2年 10月 18日
[参加者] MK野、S野、TM永、野村(L/記)
[行 程] 7:50 駐車地 − 8:20 第3堰堤 入渓
     − 8:50 二俣 − 10:40ゴルジュ入口 − 11:30 18m滝
     − 14:15 武奈ヶ岳山頂 − 14:50 出発 − 16:40 駐車地
[天 気] 晴れ 
[備 考] 水量は普通、ヒルなし


 今年は、紅葉もキノコも遅いようです。
 マツタケ大豊作で価格は例年の半値という全国版ニュースも流れているけど。
 10月ならまださほど水温は気にしなくてよさそうです。
 この時期だからでしょうか、あまりヌメリは気になりませんでした。
 何度来ても楽しい谷です。


貫井谷_201018_095501_28.JPG
   水はさほど冷たくなく、飛沫くらいなら...
   

続きを読む
posted by at 19:08| Comment(0) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月13日

2020年10月11日 中ノ谷_αルンゼ(比良)

[遡行日] 令和 2年 10月 11日
[参加者] 野村(単独)
[行 程] 7:40 JR志賀駅 − 8:30 荒川越登山口(駐車地)− 9:00 出発
     − 9:20 αルンゼ出合 − 11:05 登山道 − 11:40 打見山山頂
     − 12:15 山頂 出発 − 13:50 車道分岐 − 14:10 JR志賀駅
[天 気] 晴れだけど曇り 
[備 考] 水量は普通


 台風14号の影響でかなりまとまった雨が降った近畿地方、
台風一過の日本晴れを期待し、増水する沢を避けてこのαルンゼをチョイス。
 予報とは裏腹に雲の多い一日。琵琶湖の上空は晴れているものの、山は雲の中。迷走台風のせいだろうか。
 
 初めて打見山まで登ってみた。ゴンドラ終点。
ギア類を腰から下げたタビ姿のガチャガチャ沢屋には場違いな空間だった。


αルンゼ_201011_120640_103.JPG
  今流行の展望台か... うら若き女子達や家族連れ
  乾いたフロアには自分の濡れた足跡だけが(河童じゃないぜ)


  続きを読む
posted by at 21:48| Comment(0) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月10日

2020年10月4日 滝ノ谷(台高)

【月 日】令和2年10月4日(日)
【場 所】 滝ノ谷(台高・宮川水系)
【参加者】吉田(L)野村 富永 久保浦 米田(記)
【行 程】駐車場・登山口発7:21−取水施設7:48−
     40m大滝8:06−40m大滝落ち口8:42−CS10m9:01−
     20m滝(9:16−10:00)−1050m支谷12:15−
     1243P12:51−モノレール横切る13:37−
     岩場トラバース14:11−六丁峠−大和谷本谷左岸道15:25−
     駐車場着15:55
【時 間】8時間半
【天 候】曇
  

台高主稜・池木屋山の南斜面を源頭とする大和谷本谷の左岸支谷
である滝ノ谷(三谷)を溯行してきた。元代表の樋上嘉秀さんの
“台高の沢“には沢中一泊の中級の谷として紹介されている。


大台町・R422号線沿いのカラスキ谷公園・東屋にて前夜泊。
翌朝、車2台で宮川貯水池沿いに走り、悪路・大和谷林道の終点の駐車場に。


核心のトラバース!
s-PA040029.jpg

続きを読む
posted by at 14:50| Comment(2) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月06日

2020年10月4日 大和谷_滝ノ谷(台高)

[遡行日] 令和 2年 10月 4日
[参加者] YS田(L)、YN田、TM永、KB浦、野村(記)
[行 程] 7:20 町道終点(駐)発 − 7:50 二滝取水堰堤 − 8:30 三滝落口
     − 9:15 20m滝 − 12:10 右岸涸谷出合 − 12:50 1243ピーク
     − 15:40 駐車地
[天 気] 曇り 
[備 考] 水量は普通だが一滝と二滝にも水流あり(取水してない?)
    ヒルは駐車地付近などで見られた。


 週末の晴れ予報が次第に下り坂に切り替わる中、前夜から時折細かい雨がぱらつく。
 雲で視界が遮られることはほとんどなく、何とか順調に終了。


大和谷滝ノ谷_201004_103054_48.JPG
  大滝群の先は癒し系の渓相


  続きを読む
posted by at 12:37| Comment(0) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月02日

2020年9月27日 大田切川 中御所谷(中ア)

[遡行日] 令和 2年 9月 27日
[参加者] KB浦(L)、sA野、A立、TK橋、sE野、非会員1名、野村(記)
[行 程]
   5:25 菅の台 バス乗車 − 6時頃 しらび平 着
   6:25 出発 − 6:35 日暮ノ滝 − 9:35 7mCS滝 −
  11:45 3段10m滝 − 13:15 二俣 − 14:40 千畳敷
  15:05 ロープウェイ駅 出 − 16時過ぎ 菅の台(駐)
[天 気] 曇のち晴のち雷霰のち晴 
[備 考] 水量は普通、千畳敷近くの水はしびれるほど冷たかった。
     渓中では紅葉はまだ早く、千畳敷はピーク過ぎ?
    今年の紅葉は異常か...


 メンバー構成上、2班行動の予定をOneTeamに。
 7名の部隊編成で時間との勝負かと思われたが、あにはからんや終わってみれば15時頃には全員ロープウェイ駅に到着。登攀系の厳しい箇所をスムーズに巻けたのも大きい。
 遡行開始してしばらくすると雲は多いものの晴れていい天気となる。その後途中から雲が下りてきたものの濃いガスに包まれることはなく見通しは良好。幾多の高巻きでもさほど不安を感じることなく行動。
 だがしかし、詰めに入る頃より雷鳴とともに雨あられ。凍える手で登った先に千畳敷カール。
 だがしかし、だがしかし。突然雲は切れ青空が...虹も出て劇的な変化に超感動。
 終わりよければすべてよし。というか、悪いところはひとつもなかったし、そのうえ最高のクライマックスを味わうことができ、素晴らしい山行となりました。 ね。



中御所谷_200927_144358_133.JPG
  雷鳴とどろく中、霰に打たれての遡行に積もる霰


  続きを読む
posted by at 20:27| Comment(0) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする