2020年11月29日

2020年11月22日 瑪瑙窟探訪(大峰)

【月 日】令和2年11月22日(日)
【場 所】阿古滝尾根道〜瑪瑙窟(大峰)
【参加者】槙野 米田(記)他5名
【行 程】駐車地点7:35発−登山口7:52−矢納滝8:00−
     ブナ又出合分れ8:06−多治良渕分れ9:05
     トラバース道9:12−ロープ出し岩場直上9:41〜10:20−
     阿古滝見物中腹巻道11:01−阿古滝の頭11:16−
     瑪瑙窟11:35−12:00昼食−下山開始12:30−
     登山口15:01−駐車地点15:16着
【時 間】7時間
【天 候】晴

大峰・山上ケ岳に突き上げる上多古川本谷は数々の
美しい滝・渕を合わせ持つ秀渓だが、中でも本流の右岸支谷の阿古滝は
大岩壁に架かる滝でスケールが大きい。
その阿古滝の上流部に位置する瑪瑙窟(めのうくつ)を探訪してきた。

瑪瑙窟は古来より小篠宿(小笹宿)から谷に下り参拝・参籠する行場であった。
今も訪れて護摩をたく山伏がいるのであろうか・・。
現在ではもう山中に埋もれつつある霊地である。

昭和18年に米軍の爆撃機が阿古滝の下に墜落した。乗務員のうち4人が
死亡したが、助かった3人はしばらく瑪瑙窟に隠れていたという話が
伝わっている。

古来からの阿古滝道(地理院地図点線コース)は寸断され今は定かではない。
阿古滝に通じる尾根道は一筋縄ではいかないようである。


今回、阿古滝までを数回登下降されている先達に案内をお願いした。
結果、“テープだらけで行くたびに迷い、道が違う”ということで
やはり、この尾根道の難しさが立証された(>笑<)


s-瑪瑙窟.jpg

続きを読む
posted by at 20:11| Comment(0) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

2020年11月15日 五郎平谷(台高・北股川左岸)

【月 日】令和2年11月15日(日)
【場 所】五郎平谷(台高・北股川左岸)
【参加者】野村 米田(記)他1名(L)
【行 程】ゲート橋6:55発−アサ股谷出合7:57−
     ハマ谷(ハコ谷)出合・丸山谷橋8:06−
    −手堀トンネル8:14−北股トンネル8:38−
    五郎平谷林道出合8:41−魚止滝8:52−700m二俣9:18−
    1000m岩壁右岸巻き11:07−右岸巻き終了1075m12:10−
    昼食12:26−台高主稜線13:10−960m・14:33−アサ股谷15:23−
    北股川本流15:44−林道15:59−ゲート橋17:13着
【時 間】10時間
【天 候】晴


五郎平谷は台高・池木屋山の西面を源頭とする北股川左岸に位置し、
弥次平峰の北面を流れ下る谷。
全く溯行記録のない谷で、何が現れるかわからない未知の谷である。

数々のマイナー谷を溯行されているわらじの会のHさんのお声がけで
今回その未知の谷、台高・五郎平谷を溯行してきた。

s-五郎平谷.jpg


続きを読む
posted by at 14:28| Comment(0) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

2020年11月8日 武木川(台高)

【月 日】令和2年11月8日(日)
【場 所】武木川下部(台高)
【参加者】山口(L)佐野 米田(記)
【行 程】駐車広場−入渓8:28−10m滝・右岸巻き10:32~11:19−
     取水施設11:35−大堰堤12:19−800m出渓13:24−
     駐車広場14:13
【時 間】5時間
【天 候】晴

台高・白屋岳の東南部、北から南に流れ下り吉野川に注ぐ
武木川(たきぎがわ)を溯行してきた。

s-PB030026.jpg

続きを読む
posted by at 14:20| Comment(0) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月19日

2020年11月1日 笙ノ窟尾根(大峰)

【月 日】令和2年11月1日(日)
【場 所】笙ノ窟尾根(大峰)
【参加者】宗川祐 米田(記)他3名
【行 程】和佐又キャンプ場7:56発−和佐又山のコル8;10−
     和佐又北周遊ルート道標8:42−トラバース道取付8:47
     笙ノ窟尾根稜線9:00−曾孫普賢岳9:10−
     ナイフリッジ手前9:21−曾孫普賢岳と日本岳のコル−
     日本岳10:17−日本岳のコル10:54−笙ノ窟11:03−
    (岩本新道)−和佐又キャンプ場12:41着
【時 間】4時間半
【天 候】晴

大峰山脈の盟主・大普賢岳の東部に連なる山域は
笙ノ窟尾根と呼ばれており、大普賢岳を筆頭に
小普賢岳・日本岳(孫普賢岳)・曾孫普賢(ひまごふげん)岳
が順に並んでいる。

かねてから、和佐又キャンプ場から笙ノ窟尾根の稜線に登り、
曾孫普賢岳から日本岳(孫普賢岳)までの岩稜帯を縦走したい
という思いがあったが、単独ではどうも心もとない。

今回、タイミング良くメンバーに恵まれ、紅葉のこの時季に
念願の尾根を縦走することが出来た。

s-PB010028.jpg


続きを読む
posted by at 21:26| Comment(0) | '20年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする