2008年06月11日

6月11日 金毘羅山 岩トレ(其の3)  参加者、梶谷(レポ)

まだまだ本調子とはいかへんですが
岩やさんの「感」・「肝」・「勘」が
少しずつですが
出てきたみたいな一日でした


今日は、ゲート・ロックから
岩登りが始まりました。

ゲート・ロック

早朝、雨が降ったのでしょうか
岩は、濡れててヌルヌル。

ここは、セカンドで登ったのですが
核心部の岩の立ちこみは
緊張しましたで〜。

それにしても
リードで登ったMRさん!
サンダルでよ〜登られましたな。
脱帽・・・

懸垂下降でゲート・ロックを終え
ホワイト・チムニーへ

ホワイト・チムニーでは
トップ・ロープで
ノーマル・ルートを登ってから
「サワレリ」に挑戦。
核心部のムーブがわからず
テンションが一度ありましたが
二度目で体を振って
立ち込めてクリア!
「サワレリ」を登れるなんて
2ヵ月以上も先の事だと思ってたんで
ワテには、嬉しい誤算でした。

勢いに乗って
「コーナー・ハング」も
一発でクリア。

立ちこみもスタンスに体重を乗せられたし
体の振りも自然と出てくるようになってきました。

そして、リードで
ノーマル・ルートを二度登りました。

ナッツとカムを使って
ランニング・ビレイを取って登りましたが
MRさんからは
「カムやナッツのつけ方が、甘い!」と指摘を受けました。

二度目のリードでは
ピッチを切った地点で支点を取り
ワテがビレイしてMRさんを引き上げる。
そして、木の幹にロープを通してから
懸垂で降下して岩トレを終了しました。

ホワイト・チムニー

今回の岩トレで、
ようやく昔の勘を取り戻せる
確信みたいなモノが見えてきました。

これからの目標は、
リード・クライミングができる様になると共に
沢登りで、滝をリードで行くことをめざし
頑張るぞ〜!



posted by 飄逸沢遊会 at 20:25| Comment(5) | TrackBack(0) | '08年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
梶谷さん、金毘羅行くなら誘って下さいなー。
Posted by tkmt at 2008年06月11日 23:39
今晩は いつも 楽しく 記録を読ませて頂いています。

美濃のやぶ山 沢 岩 一度ご一緒にお願い できませんか?
 一番易しい コースでも 就いていけるかどうか 分かりませんがおもしろそうだなぁと思いながらいつも読んでいます。
Posted by 佐野美惠子 at 2008年06月12日 00:17
7月20日過ぎたら、tkmtさん一緒にやりまひょ。
佐野さんへ、7月20日以降ならOKですが、美濃の沢にはブンブン丸どもが、でけ〜面(つら)して飛び回ってるんで沢登りは秋にしましょう。
金草岳あたりなら沢からでも行けるかも・・・?
Posted by 男前 at 2008年06月12日 17:15
はい 分かりました。岩トレも
よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。 
Posted by 鈴鹿 at 2008年06月12日 23:28
はい 分かりました。岩トレも
よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。 
Posted by 佐野美惠子 at 2008年06月12日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック