2008年06月15日

6/15 銚子川 ガレに埋もれた清五郎滝 と あぶみ架け替え

kamada-seigorou-IMGP0530s.jpg
一緒に行った人…OKMさん、TKMTさん、KMD(記)
写真はコチラ

光谷遡行の予定やった。が、銚子川林道は第二発電所までしか入れない。(予定では不動谷出合まで車で…)
光谷めざして歩き始めたのはいいが、林道歩きの あまりの暑さにネを上げる。「とにかく光谷まで行こう」というOKMさんに我慢してもろて「清五郎滝を見に行こう」に変更。
が、その滝は ほぼガレに埋もれて、ちまい連瀑帯となってしもてた。大滝登攀は出来なんだが、連瀑帯のシャワークライムでは完全燃焼した。

ピストンで帰るとスグなので、アブミ架け替えの練習をすることにする。とある岩壁でTKMTさんがハーケン打ちながら人工登攀やってると、雨が本降りになってくる。終了予定の木まで攀じるのはヤメてもらい、大急ぎで回収して、車に戻った。

朝は誰も居らなんだけど、帰りは日曜で雨でも林道崩壊箇所の工事は続行していた。斜面にボルトを打ち込んでいるようで、一応、合図してから その下を通らせてもろた。ものめずらしそうに見られた。

R42でラーメンを食う。そこの店員は よく知らないまま電卓を使ってるようやった。その後、フォレストピア奥伊勢で湯に浸かってから高見トンネルを通り、TKMTさんの激ナビでチマチマルートを通って最後に橿原バイパス→南阪奈道と通って帰阪。
 ガソリン代+高速代は この2日間で二人で割って 1人あたり3000円弱。紀伊半島回遊したしのぉ。

・蛭
 TKMTさん…8匹(吸われたっぽい)
 OKMさん…7匹前後(吸われた)
 KMD…6匹(吸われたけど気づいた時には血ぃ止まってた)

・コースタイム
 7:20第二発電所付近駐車地→8:30清五郎滝(林道)→9:18遡行終了 ピストンで帰る→9:50人工登攀練習開始→11:15頃 練習終了→ピストンで下山→12:20第二発電所付近駐車地
posted by 飄逸沢遊会 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | '08年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック