2008年06月17日

H20.06.14N〜15 南紀 大塔川水系 笹の瀬川金石谷

笹の瀬川金石谷雨泊滝ゴルジュ・倒壊小屋までのゴルジュ-2.GIF

雨泊滝ゴルジュ・ヒツボノ滝ゴルジュ 溯行を目的とする。
(代表の本 南紀 P62)

参加者:O西、YK田、Y谷(レポ).
14日 23:00 五条病院
15日 01:00 道の駅 奥熊野古道ほんぐう到着 テント設営
   06:00 起床 朝食を摂り 笹の瀬川へ向かう
   08:00 溯行スタート(雨がポツポツ降り始める)

天気に恵まれず、シトシト雨の中の溯行
H20.06.14N〜15 笹の瀬川01.jpg H20.06.14N〜15 笹の瀬川02.jpg


YK田氏のガチャ類
ピトン類は無く、ナッツとカム(カミングディバイス)の
ナチュラルプロテクション派(岩を傷つけず自然に優しい!)
写真のキャメロット×3ヶで約3万円なーり。
H20.06.14N〜15 笹の瀬川03.jpg


雨泊滝ゴルジュ
H20.06.14N〜15 笹の瀬川04-1.JPG H20.06.14N〜15 笹の瀬川05-2.JPG H20.06.14N〜15 笹の瀬川06.jpg


ヒツボノ滝ゴルジュ
H20.06.14N〜15 笹の瀬川08.jpg H20.06.14N〜15 笹の瀬川07.jpgH20.06.14N〜15 笹の瀬川09.jpg
H20.06.14N〜15 笹の瀬川10.jpg


2段逆くの字 10m
YK田氏トップ
ナッツとカムが大活躍
H20.06.14N〜15 笹の瀬川12-1.JPG H20.06.14N〜15 笹の瀬川13.jpg

ビレイ解除
H20.06.14N〜15 笹の瀬川14.jpg


ヒルがメッチャおる!
O西氏がスパッツを取ると6匹いた。
幸いにも3人とも被害無し

帰着後、雨の中での着替えと、ヒルの処理に難儀した。


帰りに、鎌ちゃんのお薦め『湯泉地温泉』へ
十津川村役場ちょっと東へ入る 公衆浴場 泉湯に入る。
こじんまりとした温泉で露天風呂も有る。
雨の露天風呂は、風情があって結構かと。
源泉掛け流し 4周年との事で、入泉料¥400が¥200なり。
※公衆浴場なので、石鹸・シャンプーが無いので要注意
posted by 飄逸沢遊会 at 21:55| Comment(5) | TrackBack(0) | '08年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
泳げたみたいで良かったっすね。バタフライしはりました?
Posted by kmd at 2008年06月17日 23:07
40肩で腕が回りません。
【テーマ:ドルフィンキックでしびれてみたい】
一足早く、しびれてきました。
※バタ足ですけど....
Posted by Y谷 at 2008年06月18日 21:47
おめでとうございます。次回はドルフィンっすね。
ちなみにO西さんは5月上旬に泳ぎで かなり痺れてはりましたよ。
Posted by kmd at 2008年06月19日 00:44
焚き火つかへん水晶谷ですネ!
手や足などの感覚が失われ、自由がきかなくなる(麻痺する)という意味の【痺れる】でござるネ。
Posted by Y谷 at 2008年06月19日 22:37
あぁ、すんません。痺れ やのうて 震え でした。
Posted by kmd at 2008年06月20日 01:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック