2008年06月26日

6月25日 金毘羅山 岩トレ(其の5) 参加者、梶谷

初挫折・・・
体の動きはいいのに
ブランクから来る経験不足が
モロに出てしまった
リード・クライミングでした


コーナー・ハング.jpg


今日の岩トレは、北尾根から始まりました。
それも、初心者ルートからのリード・クライミングです。
ワテ、ロープの流れを考えながら
できるだけ残置ピンを使わずに
キャメロットやナッツを使いながら
2ピッチで登りましたが
まだまだ無駄な動きが目に付きました。

その後、MKの岩場からホワイト・チムニーに移動し
ノーマル・ルートにてリード・クライミング。
体の振りもまずまず
まずまずの出来で終了し
次は、トップ・ロープで
コーナー・ハングを2度登り
体を慣らす。
そして、コナー・ハングでの
リード・クライミングです。
緊張しているせいか
出足から歩幅が大きい。
ハング下までは順調でしたが
ここで、落ちたらどないしようと
不安が走って動きがとまる。
2箇所ランニング・ビレイをとって
ハングの乗っ越しにかかるも
ムーブがバラバラでテンション。
2度目で登れたが
今度は、ランニング・ビレイのとり方を
間違えておりロープの流れが「Z」になってしまい
ランニング・ビレイを1箇所、解除して登る・・・
「怖かった〜」

散々なリードでした。
気持ちで負けていたんで
動きもぎこちなく
おそらく腰も引けてたと思います。
登れるんだから
もっと自信をもって
次回からの岩トレに臨もうと思いました。




posted by 飄逸沢遊会 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | '08年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック