2008年06月29日

H20.06.27N〜28 台高 蓮川 布引谷

蓮川 布引谷.GIF
代表の本【台高の沢】P136
参加者:YM口、O熊、SO山、K谷、Y谷(レポ).
O熊・K谷氏同乗のYM口号が西名阪香芝SAにてY谷をピックアップ
  ↓
名阪国道・道の駅 針テラスにてSO山氏と合流
  ↓
飯高林業総合センターにてテント設営(トイレ完備)


布引谷駐車地(シルバーのWフィット)
H20.06.27N〜28 布引谷01.jpg

F2 6mの滝(右岸巻き)
H20.06.27N〜28 布引谷04-1.JPG H20.06.27N〜28 布引谷05.jpg

トユ状20mの滝(右岸巻き)
H20.06.27N〜28 布引谷07.jpg





H20.06.27N〜28 布引谷08.jpg H20.06.27N〜28 布引谷09.jpg H20.06.27N〜28 布引谷10.jpg H20.06.27N〜28 布引谷11.jpg


布引谷5段50m(右岸巻き)
H20.06.27N〜28 布引谷13.jpg


布引谷の先にてアクシデント発生!
W("o")W~~ヒャー
YM口氏 ナメ床にて転倒
(弘法にも筆の誤り・上手の手から水が漏れる・千慮の一失・河童の川流れ・猿も木から落ちる)
割れたメガネレンズで、眉下・頬を切る。
K谷・Y谷の「ダブル谷たに」衛生兵の消毒液、消毒綿にて圧迫止血
幸いにも、頬は止血、眉下は救急バンソウコウで血が滲む位に治まる。

12:00 エスケープルートにて下山する。
14:00 駐車地に戻る。

ここもヒルがおる!
YM口氏 両足に各1箇所被害
( ̄◇ ̄lll)ガーン!
(弱り目に祟り目・泣き面に蜂・ Misfortunes never come singly. 不幸は単独では来ない)
他の4人被害無し
YM口氏「蓮川は『鬼門』」と公式見解を発表!
 
>YM口氏
傷の具合は如何でしょうか?

>参加の方々
私の写真が無いんで、追加アップお願い
<(_ _)>

posted by 飄逸沢遊会 at 15:36| Comment(4) | TrackBack(0) | '08年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご心配をおかけしました。傷はなおりつつあるようです。
それにしてもヒルはやっぱり血のにおいに引きつられて寄ってくるんでしょうか?ちなみに出血量は眉の上より両脛のほうがはるかに多かったです。(家でズボンを脱いだときにまだヒルがおるんちゃうかと思いました)
Posted by YM口 at 2008年06月29日 16:52
>傷はなおりつつあるようです
それは良かったです。化膿しなければいいんですが.....
次回、『鬼門』を避けて沢溯行致しましょう。
Posted by Y谷衛生兵 at 2008年06月29日 17:03
この時期、ヒルはどこでも多いですね。
下山はダムに出たんですか?
だとしたら、出合に向けて降りる方がGOODですよ (^_-)
Posted by 尚様 at 2008年06月29日 17:47
>SS木隊長
ご無沙汰です。ナメラ谷ではお世話になりました。
登山道を辿ったのでダムに出ました。
ピーク536mを過ぎた辺りで、出合に向けてショートカットしたら良かったんですネ!
Posted by Y谷 at 2008年06月29日 21:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック