2008年07月17日

剣岳点の記 レポ、梶谷

来年3月に
映画、「剣岳点の記」が公開される
おそらく剣岳ブームが盛り上がり
多くの登山者が剣岳に訪れることであろう


映画、「剣岳点の記」は
新田次郎原作の小説の映画化である。
柴崎測量官役に浅野忠信
宇治長次郎役に香川照之
柴崎の妻役に宮崎あおい
と、配役陣が楽しみだが
私は、監督の木村大作さんに注目してみたい。
木村さんは黒澤明監督映画には
欠かせない撮影スタッフ。
ピンと合わせの木村と呼ばれるほど
黒澤監督の信頼が厚かった人物。
今回の映画では、
CG処理やヘリコプターでの空撮はしないと言う。
「アラビアのロレンス」のような
剣岳の映像美を売りにする映画に仕上がることを
期待してやまない。
posted by 飄逸沢遊会 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック