2008年09月08日

H20.09.06N〜07 大峰 十津川支谷 蟻之腰谷

蟻之腰谷.GIF

代表の本【大峰の沢】P130
参加者:NK務、S野、KI守、Y谷[レポ].
道の○ 十津△郷 駐車場にて前夜泊

入渓後すぐの薄暗いゴルジュ、とにかく暗い狭い谷で水量が少ない。
(写真も暗い為、画像修正ソフト[画像ビューア ViX]で明度補正してます)
一発目のゴルジュ以降は、2〜3m滝の連チャンで結構楽しめた。
二発目のゴルジュ入り口の 10mF の高巻きが、イヤラシイ!
 高巻き後、アプザイレン(懸垂下降)でゴルジュに入る。

ゴルジュが終わり、伏流となる。
まだまだ先は有るのだが、協議の結果 本日はココまでで勘弁させて頂く事となる。
※日曜溯行の翌日は、身体がだるく『死に体』で仕事にならんのが恒例だが、今回はお蔭様で だいぶマシでした。

・ヒルは見かけないが、NK務氏が1cm位の大ダニに食らい附かれた。
 (ズボンの上からなので実害は無し、ザックに付いてたと思われるダニが
  車のトランクにもおった)
・アブも見かけない(ハッカ油水溶液の効果を試せなかった)


前夜泊場所
H20.09.06N〜07 蟻之腰谷01.jpg H20.09.06N〜07 蟻之腰谷02.jpg

一発目のゴルジュ以降の連チャンF
H20.09.06N〜07 蟻之腰谷03-1.jpg H20.09.06N〜07 蟻之腰谷04-1.jpg H20.09.06N〜07 蟻之腰谷05-1.jpg H20.09.06N〜07 蟻之腰谷06-1.jpg H20.09.06N〜07 蟻之腰谷07-1.jpg

二発目のゴルジュ入り口の 10mF
H20.09.06N〜07 蟻之腰谷08-1.jpg

二発目のゴルジュ内の滝 KI守氏の登攀  
KI守姉さ〜ん、「とうはん」って言う字はコレ!ですよ
写真は、ご自由にダウンロードして下さい。
(写真の上にカーソルをもっていき、右クリックで『対象をファイルに保存(A)....』
 を選び、左クリックで名前を付けて保存する)
H20.09.06N〜07 蟻之腰谷09-1.jpg H20.09.06N〜07 蟻之腰谷10-1.jpg

S野氏の登攀
H20.09.06N〜07 蟻之腰谷11.jpg

ゴルジュ内 CS4m
H20.09.06N〜07 蟻之腰谷12-1.jpg H20.09.06N〜07 蟻之腰谷13-1.jpg

山道で下山
H20.09.06N〜07 蟻之腰谷14.jpg

駐車地着 お疲れちゃ〜ん♪
H20.09.06N〜07 蟻之腰谷15-1.jpg






posted by 飄逸沢遊会 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | '08年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック