2008年10月08日

2008年10月5日 オケガワ谷(大峰)

参加者: S木 O坪 K原 T崎 YN田記


泉州3人組と兵庫県コンビが集結し、小宴の後、猿谷ダムで前夜泊。

明朝は天気がすっきりせず、いたって低モチのまま、高野辻を越え、
入谷林道ゲート前着。果たして、無情にもゲートは施錠されていた。
081005-ikko-001.jpg

せっせと歩いて汗だく〜1時間で夫婦滝。更に5分で小鹿橋着。
小雨がぱらつきだすが、突入〜!

のっけから3m滝。左岸の泥壁が立ってて、ホールドが
ない〜スリングを出していただく。いきなりのパンチ!

あとは、岩間を縫って、小滝を乗り越え、どんどん登っていく。
081005-ikko-010.jpg


やがて2段15m滝。左岸から泥つき壁を登り、ピッチをきる。
S木さんトップでとりつき上まで抜け、後続はブルージックで登る。
先の3m滝の方が怖ったね〜



2段15mを巻き終えて沢床へ降りる
081005-ikko-004.jpg


ちめたぁ〜
081005-ikko-005.jpg


シャワーを被り、芯まで冷えた。
誰かの残したラーメンの汁を奪い合ってすする〜
これが又、めっちゃ旨!

15m階段状斜瀑は楽しく通過〜
081005-ikko-006.jpg

二俣、1370mは右へとる。
1500mを越えてから右手の尾根に向かって登り出す。

081005-ikko-011.jpg


1550m、尾根に乗った〜


どんどん下って、1時間半で元の林道に降り立った、やったねっ!
081005-ikko-012.jpg

S木さん、ルーファイお見事でした!

溯行記へ  http://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/44932802.html#44932802
posted by 飄逸沢遊会 at 23:48| Comment(4) | TrackBack(0) | '08年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
YN田さん、まいどー!
中々楽しめましたねー。
最初の3mは、シュリンゲしか出してませんよー。
T崎さん、運転ありがとうございまーす。
結構、飛ばすわね (^_^;)
兵庫コンビさん・・・・・・夫婦漫才、おもろかったわ。

Posted by 尚様 at 2008年10月09日 20:05
そうなんですよね。
IKKOさんも、コマチネさんも、谷の中でもぶっ飛ばし、イケイケですよね。

なおさま
漫才夫婦ってか、姉弟なんですが・・・
Posted by tubone at 2008年10月09日 21:41

尚様、tubone 、まいど〜


なかなかしぶい、ナイスな沢でしたね。




Posted by ikko at 2008年10月10日 00:34
夫婦漫才否定されましたか。姉は知らないのです。前世で夫婦漫才してたのを。そんなの関係ねーで、目指せ蝶々・雄二、打倒大介・花子。まーあなんですね、話は変わりますが、イッコ・コマチネ御一行様は沢遊一番の最強コンビやわ。超人ハルクと言うか超人歩く やね。お二人さん、次回会うときはあんじょうお頼申します。尚王今週も宜しく。
Posted by maru at 2008年10月10日 11:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック