2008年11月19日

11月17日中奥川半左衛門谷 参加者tkd,o西

中奥川林道終点手前の橋に駐車し8時10分出発林道終点より遡行開始
081117-tosi-001.jpg

ダンノ谷より水がなくしばらくは涸谷が続く
左岸よりヌケ谷が20M滝で合流し少し谷らしくなってきた、しばらくで二股、四郎兵衛谷出会を右股にとり少しで2段6M滝を越えるとと30M大滝が見えてきた。081117-tosi-008.jpg9時40分大滝下、右岸を巻くか左岸枝谷を行くか少し思案するが、枝谷により登り大滝上にでるコースを選択し7M滝で、いきずづまるが、巻くと大巻きになりそうなので、直登すると上にもゴルジュ状の滝が続くのでtkd氏をロープで確保し1段上がってもらい、上段の連滝を水を浴びながら越える。081117-tosi−010jpg.jpg標高も1000Mを越えているので途中で指の感覚もなくなりつめたかったゴルジュを抜けて右岸泥壁を登り大滝上少しの所へ巻き越えた。11時30分、昼食081117-tosi-011.jpg
しばらくいくと水も涸れ尾根が見えてきた所より最後の二又の真ん中の小尾根を辿り薊岳に出た13時
明神平、14時着  14時30分明神岳着081117-tosi-013.jpg
笹ヶ峰より少し下った南への尾根より赤テープををたよりに下山ダンノ谷出会いにたどり着いた。16時50分
尾根の下山道は、あまり踏まれいないのでかなり不明瞭でした。



posted by 飄逸沢遊会 at 01:29| Comment(2) | TrackBack(0) | '08年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
半左衛門谷の30m滝を登られたのですか〜凄っ!
この時期にシャワーは堪えますね。

下山はもしかして瀬戸越から??
この9月に同コースを辿りましたが、
下りの後半は殆ど道がなかったです。


http://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/44819271.html
Posted by ikko at 2008年11月20日 00:18
ikkoさんへ、違いますよ。30M滝左岸の枝谷から登り大滝上に巻きました。下山は瀬戸越から(たぶん)。
Posted by O西 at 2008年11月21日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック