2008年12月10日

12月07日 白髭岳

[参加者]
UDK氏、HYS夫妻、山口(レポ)

白髭岳頂上

[天気]
快晴

[地形図]
2万5000分の1「大和柏木」

[入山]
中奥川から鳥渡谷沿いの林道に入り、凸凹道をHYSさんの車で上がる。途中落石で通行できないのでその少し手前に駐車した。そこから林道終点までは歩いて15分ほどの距離。

[登山状況]
今回の主目的はアイゼントレーニングということなので、わずかな積雪ではあったが最初からアイゼンをつけて歩き始める。林道終点からの登りはかなり急勾配で、寒さに備えて厚着をしていたのですぐに暑くなってくる。1193Mのピークを越えてさらに何度かアップダウンを繰り返して白髭岳に近づく。頂上に近づくに従って積雪が厚みを増し、最後は5CM程度の積雪量だった。頂上は晴れ渡った景色と樹氷のコントラストが美しい。遠くには二上山や金剛山も見えた。ここで昼食をとったが、気温が高くなったせいか樹氷がぼたぼたと落ちてくるのには閉口した。下山は元来た道をそのまま下った。この日、沢から白髭岳を目指すといっていたKINGOさんチームと会うかもしれないと思い、UDK氏はしきりに「ヤッホー」と大声をあげていたが、遂に返事を聞くことはなかった。

[コースタイム]
11:00 駐車地〜13:30 白髭岳〜16:00 駐車地

[写真]
昼食のひととき 白髭岳からの景色 樹氷その1 樹氷その2
posted by 飄逸沢遊会 at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | '08年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
焚火奉行・山口さん、お疲れさまです。

我々沢チーム4名は中奥川の川床から
鳥渡谷を溯行し、約2時間で
車をデポした中奥配水場へ辿りつきました。
寒かったけれど、そこそこの滝が2本
出てきてお手軽なわりには満足しました。

サミットチームは快晴の下、展望と雪を
楽しまれ何よりでしたね(^^)
Posted by ikko at 2008年12月12日 12:44

 凸凹林道が怖かったですぅ〜。
崖崩れで3ヶ所程、車幅が無いくらい林道がえぐれてました。

 山に登っている間も遠くで崖崩れの音が何回もしていました。



 
Posted by yocco at 2008年12月12日 12:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック