2009年01月07日

H21.1.2N〜4 南八ケ岳縦走 参加者:OTB・YKT・しお(レポ)

yatu1.JPG

迎 春


1月2日
YKT氏に大日、京都とピックアップしていただき一路美濃戸へ。
早くも帰省のUターンか少し渋滞していたが予定通り22時に美濃戸の駐車場に到着。小宴のち就寝

1月3日(晴)
天気予報どおり相当冷え込んだがすばらしい晴天。
7時出発し南沢を行者小屋へ。もともと南八ケ岳は積雪は多くないが行者小屋で20〜30cm位か。ここで小休止のあとアイゼンをつけ文三郎尾根で赤岳へ向かう。中岳との分岐あたりから風もかなり強く慎重に歩を進めるが、雪が少なくところどころ階段が露出していたりしてかえって歩きにくい。ほどなく赤岳山頂に着く。景色は最高だが風が強く早々に天望荘に下る。高山病か?2人が少し頭が痛いとのことで少々早いが本日はここまでとする
美濃戸P(7時)=行者小屋(9時30分 10時)=赤岳(12時20分 12時30分)=赤岳天望荘(13時)泊

yatu2.JPG

1月4日(快晴)
今日も快晴で昨日より風もあまりなく最高の登山日和。東に富士山西に白山も見え 北アルプス、中央アルプス、南アルプスと大パノラマ状態。今日の核心部の横岳付近も難なくこなし硫黄岳へ。赤岳鉱泉でアイスクライミングを見ながら昼食。美濃戸の駐車場に戻りもみの湯で汗を流し帰路に着く。
赤岳天望荘(7時40分)=横岳(9時 9時10分)=硫黄岳(10時 10時20分)赤岳鉱泉(12時 12時30分)=美濃戸P(14時30分)

yaty3.JPG

yatu4.JPG

yatu5.JPG





posted by 飄逸沢遊会 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | '09年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック