2009年01月21日

0090118(日)稲村ヶ岳敗退

参加者 上田 SZK HYSm HYSy(レポ)
 
雪山の登竜門稲村ヶ岳には
何度か行った事がありますが
今回のような大雪は始めてでした。

090118-hayashi-001.jpg「最初ラッセルしはった人、大変やったやろうね〜」
とか話しながら、時折谷側にズボッっと足を滑らせ、
ヒヤッとしながら進みます。

090118-hayashi-005.jpg

それでも雪が軟らかく、
まるでラッセルしているかのようです。
天気予報では雨の確率は高いものの
暖かくなるとの事でしたが 結構風が冷たかったです。

いつもは壊れた橋の少し向こうで、トラバース出来なくなり
ヒーヒー言って尾根に直登しますが、
今回は雪が多くて却ってトラバースし易くなっていました。
とは言え、ヒヤヒヤものです。

 こんなに奥までトラバースで行けたのは始めてでしたが
やはり小屋少し手前で無理と判断、尾根へ這い上がります。
でも奥であるだけ、這い上がる距離は短くて済みました。

090118-hayashi-003.jpg

 が踏み跡はズズズ〜〜〜と滑った後があり、
却って登りにくそうです。
(Sちゃんはそのまま突進していました)
 
上田さんが私達のために雪を踏み固めながら、
ラッセルで切り開いてくださいますが、
それでもその足跡に足を置いたら、
ズズズゥ〜と沈んで行きます。
それ位軟弱な雪でした。

 今日なら凍っていないし、
フカフカの雪だし途中で止まるだろうからと
Uさんのすぐ横でラッセルしょうと思ったけれど
「そのまま落ちたら下で雪だるまですよ〜」
とSちゃんに言われて
『息出けへんかったら嫌やな〜』と思って止めました^^;

 稜線に出たら凄い風です。
それまでにも学生のパーティなど2組に会いましたが
いずれも山頂までは無理で敗退したと言われていました。
 
 見て納得、小屋からは特に深い雪でラッセルは無理と判断、
小屋の陰で風を凌いで昼食をとり下山にかかりました。

090118-hayashi-004.jpg

「時間的にも無理ですね〜暗くなってしまいますね〜」
と言ったら、上田さん曰く
「会には下山予定、夜9時と言ってあります」ですって!(@@)

お昼は寒かったので、下りてきてからたったままで
おぜんざいで〆となりました。

090118-hayashi-006.jpg
posted by 飄逸沢遊会 at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | '09年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大峰方面もすごい雪ですね。
下山後のおぜんざいは、ええでえすねぇ〜。
今度、真似させてもらおう〜。
Posted by tubone at 2009年01月23日 15:17
疲れた時は甘いのが欲しくなり
寒い時は温かい物がいいですね。
出来合い物ですが、おいしかったです。
Posted by yocco at 2009年01月23日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック