2009年03月24日

3月20日(祝)朝〜22日(日) 西穂高

行った人 SOYMさん、YKTさん、OTB(記)

CA23JK5H.jpg

いつもながらの“とりあえず行ってみよう隊”。
20日祝日、雨の朝、京都を出発。

今回は、以前、悪天候で撤退を余儀なくされたSOYMさんのリベンジ山行、雪の西穂2回目登頂〜上高地下山を希望するYKTさん、雪の西穂を見てみたい、できれば登ってみたいOTB、それぞれの目的山
行。

20日(金)
新穂高からロープウェイで一気に千石平へ。ここで昼食を済ませ、13時出発。14時15分に西穂高山荘着。
この連休のあと、新穂高ロープウェイが3週間ほど点検のために運休になると、SOYMさんの下調べ。この連休に西穂を目指す人が多くなるから、初日もテント泊にしようと準備していた。予想的中、夕方近くになっても、登ってくる人が多かった。

IMGP4084.JPG
SOYMさんの冬用ゴアのテント。外張り付き。
この日はほとんどガスの中、視界10m。夕方近くには、時折、晴れ間がのぞき、明日の晴天を予感させる。そんなに寒くもなかったが、夜は時折、強い風が吹いていたよう。

21日(土)
期待通り、ピンカーの晴れ。
「行くぞぉ〜」と俄然張り切るSOYMさん。

IMGP4090.JPG
傘ケ岳と抜戸岳。
IMGP4091.JPG
大天井方面。

6時10分出発。

IMGP4095.JPG 
写真を撮りに来ている人達で賑わう丸山から見る登山道。人が立っている姿が見えるのが独標、その向こうにピラミッドピークが見える。
見事なまでに晴れ渡り、これから歩く道が見渡せる。しかし、けっこうな強風に、ビビリが入り、OTBは早くもここで敗退。
「独標まで行ってみよ」とSOYMさんが言うて下さったが、一度、ビビッたら、もうあかん・・・。
「テントで待ってます」と先へ進む2人を見送り、テントに帰って、朝寝の続き。

さぁて、2人は・・・。
CAUYGZ91.jpg

CAFD5I71.jpg

CA2GTABB.jpg

見事、登頂を終え、なんとSOYMさんは10時50分にテントに戻って来た。YKTさんも10分後に帰還。
何でも、独標でロープを出して確保しながら登るグループがあり、渋滞ができていたそうな。ほとんどのパーティが独標までの中、2人は渋滞をごぼう抜きにして、SOYMさんは、この日、西穂2番手の登頂者!
2人とも、夏時間タイムで登っている!!

IMGP4102.jpg
昨日は何も見えなかったが、この日はテンバの目の前に霞沢岳が悠悠と姿を見せている。

12時に上高地に向け、下山開始。
トレースがあるか無いかで、下山時間も大きく変わる。YKTさんのGPSがあるものの、油断はできない。

IMGP4114.jpg
登って来た人の薄くなりかけているトレース辿りながら、樹林帯の中を行く。途中までは、標識もあり難なく下るが、帝国ホテルまで続いている電線を外れてしまい、崖のような所に出て、微妙なトラバースを強いられたり・・・と、最後まで気は抜けない。
それでも、15時30分に田代橋の前に出た。本日はここまで。

IMGP4124.jpg
田代橋からの雪の穂高連峰が出迎えてくれた。左端には、朝、SOYMさんとYKTさんが登って来た西穂高のピークが見えている。

22日(日)
IMGP4130.jpg
立ち木が少なくなった、大正池の雪原で遊ぶ2人。

雨予報だったので、早起きして撤収し始めるも、予想より早く降り出す。雨の中、釜トン入口へ。入口でSOYMさんがタクシーを上手に交渉してくれて、予定より早く車の回収に向かう。


posted by 飄逸沢遊会 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | '09年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック