2009年05月09日

0502〜04 北ア・奥穂高

参加者 Bさん、OB(記) 他2名

IMGP4221.JPG


5月2日PM 先発Bさんと上高地小梨平で集合。

IMGP4182.JPG
小梨平の一等席でテントを張る。前方に穂高が丸見え。

5月3日 晴天
8時30分、涸沢に向ってゆっくり移動開始。
IMGP4188.JPG
横尾への道すがら、見る角度を変えると山容も変わっていく穂高。
IMGP4190.JPG
横尾の吊り橋を渡り、屏風岩の岩壁を見ながら・・・。
IMGP4191.JPG
本谷橋を渡り、
IMGP4194.JPG
もう少しで涸沢に着くぞぅ〜。荷物重たいぃ。

14時30分。涸沢テンバ着。
IMGP4196.JPG
前穂
IMGP4197.JPG
吊り尾根
IMGP4198.JPG
明日アタックする奥穂高と登るルート。

IMGP4203.JPG
テンバから対面に常念岳や大天井岳が見える。

4日曇り
6時30分出発
IMGP4208.JPG
テンバから直登して行く。結構、急坂で荷物少ないのに、キツイ。テンバが小さく見える。
IMGP4209.JPG
見上げる、あのコルの所に奥穂高山荘があるのだ。

奥穂高山荘着:9時 
IMGP4210.JPG
山荘の前から登るルートを見る。風も無く、これなら行けると。

山荘前発:9時15分  奥穂高山頂:9時50分

IMGP4217.JPG
ジャンダルム
IMGP4221.JPG
槍ヶ岳と向こうに雲の平?の山々が見える。
晴天ではないものの、眺望は良好。

しばし、展望を味わい下山。鎖場まで下りた時、外国人グループの山スキーヤー軍団に遭遇。彼らが登りきるまで、岩場に蝉のようにへばりつき、待つこと10分。

山荘前着:11時
山荘発:11時15分
山荘はまだ半分ほど雪に埋もれた状態で、小屋のお兄さん達が外に出てビールなどを販売していた。少し休憩して涸沢に向け下山。3分の1ほど下った当たりから、Bさんはシリセードで下り始め、すぐに姿が見えなくなった。私は足とシリを交互に使いながら下りた。登りで2時間半もかかったのに、下りはたったの45分。

チャッチャッとテント撤収して、上高地へ向け下山。
17時30分:小梨平着
村営ホテルのお風呂に入り、ささやかな登頂乾杯をして
おしまい。






posted by 飄逸沢遊会 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | '09年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック