2009年05月20日

H21.05.16N〜17 南紀 三越川支谷 公門谷右俣

H21.05.16N〜17 公門谷右俣.GIF

代表の本『南紀の沢』P41〜
参加者:Y口・K登・Y谷(レポ)

簡単に言うと
『凡流いっぱい、倒木いっぱい、小滝(連瀑帯)いっぱい』 
の沢.

某所東屋にて前夜泊 5:30起床
H21.05.16N〜17 公門谷右俣001.jpg


林道ゲートの手前に駐車 6:50
H21.05.16N〜17 公門谷右俣002.jpg H21.05.16N〜17 公門谷右俣003.jpg 


入渓 7:30
H21.05.16N〜17 公門谷右俣004.jpg


間違って、本谷の左俣に入る。これが意外と面白い
H21.05.16N〜17 公門谷右俣005.jpg H21.05.16N〜17 公門谷右俣006-1.jpg H21.05.16N〜17 公門谷右俣007.jpg H21.05.16N〜17 公門谷右俣008.jpg


堰堤ぶち当たり誤りに気づき、降渓
H21.05.16N〜17 公門谷右俣009.jpg H21.05.16N〜17 公門谷右俣010-1.jpg




右俣、唯一の核心部 トユ状15m 10:10 
トップY口氏、滝身直登は無理っぽい
H21.05.16N〜17 公門谷右俣012-1.jpg


右側カンテ部より登攀
H21.05.16N〜17 公門谷右俣013-1.jpg


セカンドK登氏、右側カンテ部を登攀と思いきや
H21.05.16N〜17 公門谷右俣015-1.jpg

滝身をゴボウ
H21.05.16N〜17 公門谷右俣016-1.jpg


トユ状15mの上部、ゴルジュ 11:00
H21.05.16N〜17 公門谷右俣017-1.jpg


林道に登り出て溯行終了 11:40
H21.05.16N〜17 公門谷右俣018.jpg




posted by 飄逸沢遊会 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | '09年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック