2009年07月09日

0704N〜05 旭の川・中の川

行った人
SOYMさん、KTさん、NKYMさん、OTB(記)

4440-.jpg代表の「大峰の沢」P80。日帰りで可能なモジケ小屋まで。

今回は、芦廼瀬川で心に傷を負ったSIOさまのリハビリ山行を兼ねて・・・。
なのに、すべての滝の登攀をSIOさまに任せて、あとの3人は声援と拍手隊に徹した。

旭発電所の駐車場にて、5時起床。朝食、準備、移動。
7時入渓。

4426-1.jpg

チャレンジャーNKYMは今日も、未踏のヘツリに挑戦!!
滑り落ちそうで滑らない、絶妙なバランスで突破。 (^_^)/


4431-1.jpg

4434-1.jpg

末広がりの滝。腰まで水に浸かって、まずSIOさまにリードで登ってもらい。

4435-1.jpg

ビレイしてもらって安全に登る。(*^_^*)

4449-1.jpg

いやらしいトラバースには、釣り師さんが付けたロープがあり、
ここもまずSIOさまが渡って、ロープを張ってくれた。
滑りそうなので慎重に・・・。

4456-1.jpg

モジケ小屋までの核心部は牛鬼滝 と聞いていた。
牛鬼滝はちょっとしたゴルジュの中にあるが、このゴルジュの入口で、水量が多く流れがきつく、泳いで取り付けないと判断し巻いた。

岩壁を登攀する巻きもあったが、釣り師さんのロープを手がかりに登れる。が、滑ると怖いので、ここらもSIOさまがリード・・・( ;^^)

モジケ小屋に11時半着。ゆっくりランチタイムをして、いざ下山。ここで、ちょっとしたトラブルが発生したが、
明瞭な仕事道を入渓地点まで戻って。

4458-1.jpg

14時30分、駐車場に帰り付く。
早く帰ってこれたので、久しぶりに温泉「鶴の湯」に寄った。
KTさんが割引券を持ってはったので、使わせてもらった。

小人数遡行で、どんどん進むので、あまり写真を撮る余裕が無かった。
おしまい。




posted by 飄逸沢遊会 at 12:34| Comment(5) | TrackBack(0) | '09年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>SIO師傷、いや失礼、SIO師匠
傷の痛みは如何でしょうか?
昨年、核心の牛鬼滝をリードされた、加齢なる、いや違う、華麗なるテクニックを拝見して以来、【支障】 また違った、【師匠】と拝めました。
【子笑】! 今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い致します。
Posted by 弟子のY谷 at 2009年07月09日 21:24
昨年、中ノ川・牛鬼滝の登攀のすべては
右岸高見より(>しつこいブヨに噛まれながら<)
見物させていただきました。
手に汗握るS山師匠の登りにいたく感動
したものです。

N山さんのへつり、めっちゃかっこいい!!
Posted by ikko at 2009年07月10日 00:15
SIOさまは、去年は牛鬼滝で、ながーいことセミ状態だっと聞きました。
今回はアッサリ、横目で流してきましたさ。

ikkoさん
すっごい(拍手拍手)ヘツリをするミントも、どうってことない所で、滑ってジャボンのシーンもあったりで、このバランスも絶妙ですねん。
Posted by tubonee at 2009年07月10日 12:31
骨太塩ちゃん、主婦の友。カラオケ・リハビリの効果大とみた。次回トップは、イチ・ニ・サン・シ・頑張れKTちゃんでいきますか?沢の女学生達!今回露出少ないよ。
Posted by まる刈 at 2009年07月10日 20:01
評判通りの迫力ある“かっこいい沢”ですねぇ。

みんなカッコいい!!!
Posted by yocco at 2009年07月11日 08:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック