2009年08月30日

H21.08.28N〜29 大峰 白川又川 明芽谷

H21.08.28N〜29 大峰 白川又川 明芽谷.GIF


参加者:O熊・Y谷(レポ)
戦慄の15時間25分溯行!.

下山時間 23:15
Y谷 ヒル被害 驚愕の14ヶ所
( ̄◇ ̄|||) ガ−ン!

代表の本『大峰の沢』P154〜
噂の大ゴルジュに挑戦
ゴルジュ・フェチ 満足度 100%
ゴルジュ内 25m大滝の高巻きに大苦戦

下山の作業道が一部不鮮明
(谷を渡る部分の山抜け・植林内の倒木)
暗闇の中のヘッドラン下山なのでメッチャ難儀した。



某所にて前夜泊
H21.08.28N〜29 明芽谷001.jpg


ゲート前に駐車、出発07:50
H21.08.28N〜29 明芽谷002.jpg H21.08.28N〜29 明芽谷003.jpg


入渓07:51
H21.08.28N〜29 明芽谷004.jpg H21.08.28N〜29 明芽谷005.jpg


ナメ斜8m
H21.08.28N〜29 明芽谷006.jpg


3段滝08:00
H21.08.28N〜29 明芽谷008.jpg H21.08.28N〜29 明芽谷009.jpg


2段斜15mナメ
H21.08.28N〜29 明芽谷010.jpg


15m滝08:35
H21.08.28N〜29 明芽谷011.jpg


しばらくダルダルのゴーロ、
そして核心の大ゴルジュ入り口09:05
H21.08.28N〜29 明芽谷012.jpg


いきなり泳ぎ
H21.08.28N〜29 明芽谷013.jpg H21.08.28N〜29 明芽谷014.jpg


問題のCS7m 右岸・岩の割れ目にシュリンゲを結んだハンマーを
投げ上げ、アブミをセットしたが、全体重を掛けるに当たって
何か嫌な予感がしたので、アブミに乗らずシュリンゲを補助程度に使い
根性で登攀する。
案の定、ハンマーの引っ掛かりは甘く、いつ外れてもおかしくない状態だった。
あせあせっ((((^_^;)

>昨年ココまで来たHYS伍長殿
このCS7mを突破したら、軍曹に昇進です!
H21.08.28N〜29 明芽谷015.jpg



25m右岸巻きに難儀する。巻いて巻いて
結局ゴルジュ入り口から見た右岸枝谷まで行ってしまい
グルッと1周してゴルジュ入り口に戻る
H21.08.28N〜29 明芽谷016.jpg H21.08.28N〜29 明芽谷017.jpg


再ゴルジュ入り口(大休止)11:50
H21.08.28N〜29 明芽谷018.jpg


ゴルジュ左岸より巻き、
懸垂下降でゴルジュに再突入13:45
H21.08.28N〜29 明芽谷019.jpg H21.08.28N〜29 明芽谷020.jpg


ゴルジュ溯行
H21.08.28N〜29 明芽谷021.jpg H21.08.28N〜29 明芽谷022.jpg H21.08.28N〜29 明芽谷023.jpg H21.08.28N〜29 明芽谷024.jpg


20m滝
H21.08.28N〜29 明芽谷025.jpg

20m滝の奥に2段15m  
直進する小枝谷より高巻き14:35
H21.08.28N〜29 明芽谷027.jpg


まだまだゴルジュ
H21.08.28N〜29 明芽谷028.jpg H21.08.28N〜29 明芽谷029.jpg


30m滝
左岸ルンゼ高巻き15:40
H21.08.28N〜29 明芽谷030.jpg


ミニ・ゴルジュ10m06:00
H21.08.28N〜29 明芽谷031.jpg



ミニ・ゴルジュを終え、しばらく進むと山道が有る
との事だが、山道に出合わない。
谷中も暗くなりミニ・ゴルジュ終了地点に戻り、
稜線を目指し左岸尾根を登ると山道に出合う。
『これで下山できる。』
と思ってホッとするも、冒頭に記したよう難儀した。
特に、植林内の倒木で山道を見失い藪コギで徘徊する。
真っ暗な中、再び山道を見つける。
谷を渡る部分の山抜け不明瞭地点が何箇所も有り。
しばらく進むとモノレールの軌道に出合う。
この時、これに沿って下れば良かったのだが、
あまりにも明瞭な山道がまだまだ続いていたので、山道を選択。
これが大失敗で、方向的にも違ってくるし、登り勾配でもある。
逆戻りし、モノレールの軌道を下る事にするが、万一のビバークに
そなえ、水を汲む為、山道を行ったり来たりする。
で、結局を軌道を下り何とか下山できた。

駐車地到着23:15
自宅には翌AM2:00


ヒル被害
O熊氏は沢用長袖ウェアにタイツ2重でネオプレーン靴下で被害なし。
Y谷は速乾Tシャツに普通のボタンシャツ、綿の5本足ソックスに作業ズボンの為、
モロの被害 2箇所
軽傷(Tシャツ・ズボン等の上からの吸血で出血が少ない)11箇所












posted by 飄逸沢遊会 at 21:03| Comment(4) | TrackBack(0) | '09年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
御苦労さまでした。
4年前にkmd氏、tkd氏と明芽谷に行ったときのことを思い出しました。(このときは1時(AMです)に下山)
同じように高巻きに苦労し、下山時に倒木に妨げられて山道を徘徊して最後は小さな沢に入り込んで白川又川本流まで出てしまいました。日没までに下山するのが当面の目標です。
Posted by Y口 at 2009年08月30日 23:03
http://kamada.sakura.ne.jp/05/05/29/
  ↑
コレですね
今は亡き K田師匠のレポを拝読しました。
惜しい人を亡くしました。
(死んでない、死んでない!)
なかなか壮絶な溯行だったようで....

それにつけても
T田ちゃんはユニークで、かなりのツワモノでんな!
メット及ヘッドラン無しとは..... 



Posted by Y谷 at 2009年08月31日 22:32
9月6日夜発7,8日とtkd氏とイブキグラかオングロコ谷もしくは、ミョウガ谷に行く予定です。かなりのツワモノT田ちゃんと同行しませんか?Y谷さんリベンジをかねてどうですか!(ミョウガ谷ならAMになるでしょう)
夜にひるは、ご勘弁を!
Posted by O西 at 2009年09月01日 02:36
>O西様
お仕事ですんで.....
スンマソン!<(_ _)>

お気をつけて いってらっしゃいマッホ〜。
Posted by Y谷 at 2009年09月02日 22:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック