2009年09月16日

0904N〜0907 剣・長次郎谷〜北方稜線

行った人、YKTさん、KJWRさん、OTB(記)

DCF_0030.JPG

7月に雨天中止になった計画のリベンジ。

3日間とも今年一番か! というほどの晴天に恵まれ、暑い暑いと言いながらの山行になった。
写真班のOTBがカメラのバッテリーを忘れるというヘマはしでかし、ほとんど写真なしふらふら5日土曜日。
室堂から剣沢のテント場まで。時間もたっぷり。早く着いて、良いテント場を確保して昼寝など・・・。
目の前には、剣が丸見え。

DCF_0029.JPG

6日日曜日。
雲ひとつない晴天。4時20分にテントと幕営道具をデポして出発。
今回は長次郎谷を上がって、北方稜線に入るコース。長次郎谷右股か左股かは、雪渓の様子を見ながら・・・ということになっていたが。
200909長次郎谷50000.jpg  登ってきた長次郎谷。

途中から雪渓も少なくなり、足元の悪いガレ場を歩き、結果的に長次郎のコルを目指さずに、池の谷乗越しに上ることにした。
2009090池の谷乗越.jpg 池の谷乗越から長次郎谷を見下ろす。

200909乗越で51000.jpg
乗越で休憩。

池の谷乗越に出たとなると、剣本峰から続く岩場にアップダウンルートは全部スルーしたことになる。あれま! でも、今回は長次郎谷を詰め上がりたい希望が強かったので、このコースもOK!!

200909池の谷ガリー12000.jpg
下ってきた池の谷ガリー。名前の通り、急なガリーガリールート

ここからは池の谷ガリーを下り、
小窓の王の肩〜小窓の頭の中腹を巻き、
200909小窓の頭の雪渓47000.jpg
小窓の頭の巻き道に残る雪渓。急斜面だが雪もズクズク、5mくらいのトラバースなので、YKTさんが慎重に足場を作ってくれている。

200909小窓の雪渓04000.jpg
下りてきた小窓の雪渓。

小窓の雪渓を下って、池ノ平小屋に出て、
仙人池ヒュッテへと。しんどぉ〜。ながぁ〜。
ヒュッテに着いたのは16時すぎ。今日もよう歩いた!

仙人池ヒュッテでは、小屋の名物オバさんに会って、
お風呂に入って、あったかい夕食をいただいて、部屋で布団で就寝。
DCF_0034.JPG
記念撮影手(チョキ)


7日月曜日。
仙人池からの裏剣の朝やけを見てから出発。
よく写真で見るのと同じ、池にチンネや八つ峰が写っている風景に、泊り客はみんな感激!!

DCF_0033.JPG 朝日を浴びる裏剣。

仙人池ヒュッテを5時20分発。
仙人新道〜真砂沢ロッジ〜剣沢雪渓を登り、キャンプ場へ。昼食とテントを撤収を終えて、室堂へ。
それまでも、ヘロヘロだったOTBは、室堂へのアップダウンではさらにカメ歩み。どんどん先行く2人の後を、トロトロと歩き、やっとこさ室堂へ。
3人でソフトクリームを子どものように、美味しく食べた。
臨時便の16時40分発のバスで帰路へと。

今回北方稜線の核心部と思われる岩場はスルーしたが、
源次郎尾根を見ながらの登り、クライマーの基地・熊の岩、八つ峰を攻めるクライマーの姿など、長次郎谷ルートならではの景観の連続に満足の山行だった。










posted by 飄逸沢遊会 at 18:03| Comment(1) | TrackBack(0) | '09年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 暑い位の晴天、よかったですね〜。

“朝日を浴びる裏剱”最高ですね。

この目で見てみたい!
Posted by yocco at 2009年09月18日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック