2006年02月12日

2/11-12 大峯地獄谷谷中泊。参加者:樋上、上田、武田(レポ)

image/takuyu-2006-02-13T01:19:03-1.jpgimage/takuyu-2006-02-13T01:19:03-2.jpgimage/takuyu-2006-02-13T01:19:03-3.jpgimage/takuyu-2006-02-13T01:19:03-4.jpgimage/takuyu-2006-02-13T01:19:04-5.jpg
準備を済ませ、歩きだす。
雪が少ないし、暖かいので少し心配。とりあえず、本日のテント場に到着。設営したあと、遡行開始。今日は本谷のブライダルベール目指します。到着してみると、氷少なめ、難しそう。上田君のビレイで わて登ります。3本スクリュー打った時点で力不足で敢え無く敗退。テント場にもどりアイスガーデンで登ろていう事で行ってみると先客が よーさんいてま。しばし待つと左が あいたので、上田君のビレイで わてリードで登ります。5本打ち、やっとの思いで登りきり、大役を果たしました。感動ひとしおです。立ち木にフイックスして上田君が回収して懸垂で降りてタイムオーバーで今日は終わり。明日はシェークスピアへ。テントでの団欒も済み寝床に入ると雪が降り出した。朝も降り続いている。"止めようか"と一度 言ったけど行く事にした。着いたら かなり激しく降ってきた。おまけに人、人、人。登る場所が無い。待っても あかない。仕方なしに右のとこで遊ぶことにした。2本打ったとこでテンションかけたらポロリ。そのまま下にズドン。幸い、怪我は無かった。アイスの難しさを痛感。まだまだ課題ありです。今回は ええ勉強になりました。温泉で しっぽりして帰りました。
posted by 飄逸沢遊会 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
梶谷さん節が移っとるがな!それにしても相変わらず落ちても怪我しない身体!丈夫に出来てまんなぁ。ご両親に感謝せにゃ。
Posted by kmd at 2006年02月13日 09:30
きれいな氷瀑でんな。
ワテ、連休は仕事でした。
くやじ〜!
Posted by 梶谷 at 2006年02月13日 15:39
代表、武田さん、どうもお世話をおかけしました。自分はアイスの基本をもっと練習する必要があると痛感しました。そして、寒いけど氷の世界も、眺めていると、なにか神々しい感じで、気持ちが引き締まりました。また行きましょう。
Posted by 上田健 at 2006年02月14日 07:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック