2006年02月18日

2/18(土) ホッケ山〜小女郎池 田中

 朽木に行こうと思っていたが天気が良くなかった。大原では雪がぱらついていた。車も頭もあまり調子が良くないので手前の比良、小女郎池に上ることにした。平からの道はこの冬2回上っているのでサカサマ谷出合から権現に上ることにした。この道は雪のない時に一度上がったことがある。その時は権現の手前で笹藪に捕まったが雪が有れば笹は埋まっているだろうと思った。車は出合すぐ北の旧道分岐に止めた。小女郎池から坂下に下りて来た時に少しでも近い方が良いと思ってのことである。
 9時にスタート。雪が多くてルートの判断に迷う。前に上った時の記憶が怪しくなっていて尾根に乗るのが遅れた。尾根は南側が植林、北側が自然林になっている。尾根に乗ってすぐで傾斜がきつくなる。ここで左にサカサマ谷の橋に出る山腹道が分かれるが雪に埋まっていて通るのが怖い。。ここから高度差50mほどでなだらかな尾根になる。人の歩いた形跡は全くない。夏でも人の通ることのないところだから当然だろう。高度850mほどからの植林帯の中の斜面は傾斜がきつい上に雪がクラストしておりスノーシューはスリップギリギリであった。一歩ずつ踏み込みながらジグザグで上がっていく。外してツボ足で上れば良かったかなと思うがそのまま上がってしまった。若い木の多い植林帯は歩きにくい。歩きやすい所を探りながら右にルートを撮っていくと権現手前、植林帯が終わる直前でアラキ峠からの道に合流した。左に自然林の中をたどって上がると上で雪原に出るのでその方がいいかもしれない。ここで犬を連れた夫婦連れに出会う。その上の雪原で女性3人のパーティーに出会う。権現頂上には10人程のパーティーがいたが挨拶だけして通り抜けた。ホッケ山への尾根をたどる。先行者の足跡は一人だけのようである。
 11時45分ホッケ山に着いた。ここから先にはスキーの跡がある。蓬莱から滑ってきてまた引き返したようだ。女性3人組が後ろから歩いて来ているがかなり離れている。権現の上にいた団体の姿は見えないので下りてしまったのかもしれない。
 ホッケ山から小女郎池の間が一番気持ちがよい。やはり歩いて上るもんだと思う。始めか終わりかをスキー場にしてゴンドラを利用する人が多いようだがしっくりいかない。
 小女郎池の手前で晴れ間が出てきたので昼寝をしようかと思ったがすぐにまた雲が出てきた。蓬莱山の頂上はガスに隠れて見えなくなっている。池には4人パーティーがいて食事をしていた。蓬莱から下りてきたようだ。挨拶だけして通り抜け、池の上を歩いて坂下への尾根に取り付く。今日はあまり人と話をする気にならない。ここで12時半。ずっと休憩無しである。人の通った形跡は全くない。道も全く判らない。ただ尾根を忠実にたどるだけである。尾根の別れるところに出るとどちらに行ったらいいかためらってしまう。もし後ろからトレースをたどってくる人がいると混乱するだろうなと思う。4年前の3月に上って来た時は道が判るところまで雪が少なくなっていた。964mのピークを確認し、900mの小ピークも確認できた。でもこんなに急なところがあったのだろうかと不安になる。12月に大坪、上田と一緒に坂下から上がってきて引き返した場所に着いたのが14時。そのすぐ下から道が判るようになった。でも気温が上がっているせいか、雪がくさってきているので歩きにくい。
 坂下の橋のたもとに15時に到着。このあと、安曇川右岸の古い道をたどって車に戻ったがしんどかった。バスで一駅だけ戻るというのを考えた方が良かったかもしれない。でもしんどかった代わりに3頭の鹿に出会った。
 小女郎池から西に延びる尾根を利用すると車に戻るのがもっと楽になる。池の南の高みに上り、遭難碑の所から尾根を下る。この尾根には行政区界の切り開きがあり、あぜち谷に下ることが出来そうである。途中でサカサマ谷左股右岸尾根に乗り換えると夏道がある。でも雪で埋まったサカサマ谷に出てしまうと最後のトラバースがしんどいかもしれない。


 
 
posted by 飄逸沢遊会 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック