2006年02月19日

半左衛門谷から薊岳 記録 中務 同行者 山本

060219_nakatukasa_001.jpg
2/19朝7時泉大津発で半左衛門谷溯行を予定する。7時過ぎYよりTEL。前夜地元の寄りあいで飲み過ぎたため爆睡中。あわてて起きて支度をしだす。結局買い物をして泉大津を出発したのが9時過ぎ。途中吉野のコンビニに寄り、出合いの中奥林道終点を目指す。林道終点手前から土砂で通行不能になり、数百メートル手前に駐車し出発。既に時間は12時を回り、「下山はヘッチンやな」と言いながら出発。すでに雪は所々に有りなるべく足を濡らさない様に溯行を始める。今回の溯行は正月に石ケ平谷から薊岳に抜ける予定が、大又から鏡ケ池までの登山となり薊に行けなかった事もあり、別方面からのアプローチで薊の頂きに立ちたかった。出合いで高度計が640M、薊岳山頂まで標高で約800M。単純計算で4時間。ただ代表の台高の沢の記録では下山ルートが登山道ではなく沢下降のため、PM3時〜4時に登るか下るか判断すると決めて出発した。 駐車地より10分程で林道終点。沢に下り溯行開始。暫くして伏流、左手に小尾根が間近に有る。地図によると半左衛門尾根が右岸に延びていたので「この尾根を下りて来たらええんちゃうか」などと言いながら歩を進める。流れが現れ、暫くして右岸に6M位の滝、凍っている。奥には滝が見える。地図で確認するが、溯行図の涸れ8M滝か?定かではないまま進む。大きな二又、四郎兵衛谷との分岐と思われる。右又に進路を取り、しばらく行くと前方に大滝が見える。これが30M滝か…。滝下まで行って見上げるが、とても攀れそうにない。左岸にルンゼ、上に壁が立っている。右岸からの巻きと決める。少し下ったあたりが登り易そうだが、時間もおしているし、何とか登れそうなのでそのまま右岸に取り付く。斜上し右に壁を見ながら登りトラバースする。もう少し上かなと思う所でYが鹿の足跡を見つけ、辿って見るとどんぴしゃで滝上に出る。「さすが山の住人やな」と感心しながら小休止とする。
パラパラと雪も舞って来て、枯山水の景色もなかなかのもの。「気持ちええなあ」と言いながらも時計はすでに二時半を回っている。高度計は1060M、ピークまで後1時間半〜2時間位か?雪も深まり沢靴でキックステップ? グリップを確認しながら登る。右岸の小尾根に乗り、トレッキングシューズに履き変える。一服付けて、「明るいうちに山頂には立てるやろう。下る沢は稜線まで出なわからんし」とそのまま登ることにする。痩せ尾根を稜線目指してピッチを上げる。雪が結構降り始めた。途中アイゼンを着けて登るが、シャーベット状の雪に新雪が積もって結構滑る。動いているので寒さは感じないが気温は零度を下回っているだろう。PM4時前、ようやく稜線に出る。道を右に取り10分程で薊岳山頂に立つ。雪が降り、風も有り、ガスっていて展望は全く無い。「〇〇〇―!」我々の山頂での雄叫び。およそ山男らしからぬ言動に大笑いする。「天気良かったらええ景色やろなぁ」「前来た時は最高やったで」などと言いつつ、小雉を済ませ下山に取り掛かる。
南に派生する尾根を下り、コルを目指す。代表の記録によるとコルから四郎兵衛谷を下るとなっている。谷らしいものが有るがそれがそうか全く解らない。最鞍部まで来て小尾根が有り、「右へも左へも行けるし、下山方向の南東に行こか」と下り始める。 ここからが中々面白かった。
沢に降りるのは大滝を回避してからにしたい。出来るだけ南東、南東と方位を確認しながら雪の斜面をトラバース、トラバース。「雪無かったらこんな斜面行かれへんな」と言いながら、二人ズルズルと滑りながらハンマーをピッケル変わりに雪面を進む。ここでも‘山の住人’の足跡に助けられる。突如「ムササビや!」とYが叫ぶ。“なんやねんこの忙しい時に…”と思いながらも眼を上げると、前方に有るブナにしっぽの小さいリスみたいなのがいる。「おぅ おるな」「飛んできたぞ」しばし見ていると木の幹を登り視界から消える。PM5時半を過ぎ、日没も近い。「そろそろ沢に降りよか」と小尾根を越えるとなだらかなルンゼに出会う。尻滑り面白そう。行けーと下る。途中雪も切れてきてアイゼンを外す。程なく暗くなりヘッドランプを頼りに沢へと下る。目算では半左衛門谷に出るか、間違っていても駐車地より林道側に出る予定。結果、下った支谷は半左衛門谷に降り、駐車地へと帰り着いた。四郎兵衛谷だったのだろうか…。定かでは無い。
しかし、夜間行軍は避けたい物で有る。慣れからか不安は無かったが、早く出れば十分に日の有るうちに下山出来るのだから…


posted by 飄逸沢遊会 at 23:27| Comment(5) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わても雪に残る かもしかの足跡を追って、渡渉ポイントに導かれたことがあります。餅は餅屋?で おまんなぁ。
Posted by kmd at 2006年02月28日 17:37
沢のベテランならではの山行記録。
いつもながら
スゲ〜ことやっとりますな〜。
大滝の巻き、さすがですね。
Posted by 梶谷 at 2006年02月28日 18:18
野生動物は別の目的で行動しとるから100パーセント信用はでけんけどのぉ。雪のトラバースでは奴らがベストに近い安定したルートをとってるのは間違いなさそうやな。特に下山のときは足跡を見つけてからはピッチがあがったでぇ。
Posted by 山 at 2006年03月01日 10:23
>別の目的
あー、そりゃそうですよねー。
シートン博士やないし よー分からんけど、動物の種類によって、例えば、兎なら どうとか、鹿なら こうとか、辿り方に特徴があるかもしれまへんなぁ。

雪で真っ白でも案外 色んな生き物がウロウロしとるもんでんなぁ。人類も含めて…。
Posted by kmd at 2006年03月01日 15:45
Posted by 中務 at 2006年03月04日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック