2006年03月15日

湖北 マキノ 赤坂山  田中

 新雪のマキノ赤坂独り占め!
 
 ・・・・・ 北陸道は木之本から先はチェーン規制。下に降りてマキノに回る。生活道路以外は除雪していない。11日に入った林道も全面雪である。仕方がないのでスキー場から上がることにする。駐車場で40cmほどの雪。ゲレンデは全面雪。11日に大谷山への尾根から見た時は雪が消えていたのに。
 3/15日で新雪のラッセルをしなければいけないとは思っていなかった。10時発。先行者は3人。11時過ぎ、引き返してきた単独の若い男性に会う。しんどいので諦めたと言う。標高510mのところにあるブナの木平休憩所で積雪は2mほど。下にベンチがが埋まっている様子は全くみえない。12時半頃、620mピーク手前の斜面でラッセル中の2人に追いついた。かなりしんどそう。先頭を変わる。柔らかい雪の斜面で腰近くまで潜る。ピークの上に出るとラッセルが楽になった。2人はこのピークの上で昼食にしたようだ。休み休みラッセルを続けて峠に出る。踏み跡の一切ない大雪原である。結局2人は引き返したようでマキノの山を独り占めした。
 誰もいないので赤坂山に登ってみようという気持ちになった。去年は二度この峠まで来たがたくさんの人が頂上を目指していたので上ろうという気持ちにはならなかった。頂上に14時着。北側に三角形にとんがった三国岳が見える。こんなにとがった山だとは思っていなかったので驚いた。15分間頂上にいた。時間があるので県境尾根を南にたどることにした。南北の県境が東西に変わるところで視界が開け目の前に尾根が立ち上がった。厚い新雪の覆われたなだらかな山が輝いて見える。手前が841mピーク、奥が859mピーク(寒風山)である。たかだか800mの、日帰りの山でこれだけの雪が見れることに感激した。去年もここに来たが東側の谷では雪がなだれて落ちてしまい黒い土が出ていた。斜面には笹が出ていてワカンの跡が見えた。今回、見えるのは雪だけである。手前の雪原に腰を下ろしてウットリと雪の山を眺めていた。寒風峠に通り抜ける事も考えたが足跡を付けて汚してしまってはいけないという気持ちになった。引き返すことにした。「また来よう、その時は通り抜けよう」と思った。15時、峠から下山を開始する。1時間半で車に着いた。
 
posted by 飄逸沢遊会 at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天気も良かったやろし、ほんま、最高やったんじゃないっすかーーー
Posted by 鎌 at 2006年03月16日 09:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック