2010年06月03日

0529N〜0530 旭川・宇無ノ川・片口谷

参加者 MTHS、KJWR、HYS、OTB(記)

老若男女、親子・親戚一同のようなメンバーで沢登りの巻。

IMGP5248小.jpg

息子・甥っ子・弟・ママ の構成。こんなメンツで遊べるのは沢遊会ならではですねぇ〜。

入渓7:50 片口谷出合10:00 CS10:15 CS登攀開始10:45 登攀終了11:30 遡行終了12:20 片口谷出合14:30 駐車場(入渓地点)16:30

IMGP5242小jpg.jpg
宇無ノ川は本流歩き。晴天に恵まれ、新緑も美しく、絶好の沢日和。

IMGP5249小.jpg
釜を持つ2段の滝はマキマキ。
IMGP5251小jpg.jpg 
へつったりしながら前進。

IMGP5255小.jpg
片口谷を代表するCS。この人、攻略ルートだけ見ています。

IMGP5257小.jpg
今回は、リーダーミッチーの「CSを人工登攀したい」を叶えてあげる が、テーマ。ミッチーはさっさと泳いでSCの前で登攀準備。色々協議の結果、彼の下でビレイするのではなく、上からビレイしてあげることに。他のモノは巻いて、上からロープを下ろしてあげる。

IMGP5258小.jpg
これ、もう、最後の一手のシーン。ここまで登るのに、一度落ちたり、シュリンゲアブミしたり、ハーケン打ったり、なんか噛ましたり、していたらしい。写真担当のママは、眠くなって石にもたれてウツラウツラしていて、肝心のショットがない。

IMGP5260小.jpg
「ようやったな!!」と、叔父ちゃんに褒めてもらいました。

IMGP5263小.jpg
で、またどんどん前進。

途中、いやでも水の中に浸かる。嫌がらずに積極的に水に入って行くミッチー、転んでザッブンした叔父ちゃん。

IMGP5264小.jpg
ナメもある。

帰りの時間を考えて、12時20分に遡行終了。ランチタイム後、引き返す。

登ってきた時より下降のほうが大変。
途中、1ヶ所、ビレイしてもらって上がり懸垂で下りた所があった。

IMGP5266小.jpg
IMGP5270小.jpg

最後の方では、もう巻くのが面倒になって、泳ぎはりました。
IMGP5272小.jpg

終わって、駐車場でOTBの靴にヒル1匹。沢から林道へ上がる途中で付いてきたよう。
夏に行けば、泳いで取りついたり、シャワーしたりと楽しめる沢。
今回は、まだ水が冷たくて、少し控え目でした。
オシマイ。




posted by 飄逸沢遊会 at 14:37| Comment(5) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ママ?

ババ いや失礼!
grandmotherでは
Posted by 二等兵 at 2010年06月05日 08:10
こらっ!!二等兵! 今度、どこかで泳がせるぞ。孫はおりませんでした!! ママで間違いありません。
Posted by tubonee at 2010年06月07日 16:52
お許しを〜 <(_ _)>
姉さんのボケにツッコミを入れるのは、礼儀・マナーと思ったもんで〜。
私がツッコまなくても、塩師匠あたりが
「誰が『ママ』やねん!」
と、きっとツッコんでたはずです。

それと、KJWR若頭が「弟」ちゅうのも、キャスティングに無理があるような......

Posted by 二等兵 at 2010年06月09日 00:28
そう言われても・・・。
年の順からいくと、軍曹は弟ですねん。
ちなみに、二等兵も弟にしてあげる(笑)
Posted by tubonee at 2010年06月09日 19:31
ありがたき幸せ〜
m(_ _)m
Posted by 二等兵 at 2010年06月10日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック