2006年03月22日

3/21 湖北 マキノ(再) 田中他1

 15日に新雪を楽しんだ。その時寒風峠への通り抜けを次の機会にと残しておいた。21日、春分の日、天気だと思って出かけたが曇り〜雨という状況だった。上に上がって前回の所まで歩いてから引き返した。雪はかなり融けてしまっていて白く輝く山というには遠い状態だった。下りの雪の斜面はスノーシューの苦手とする滑りやすい状態でワカンの方がよかった。
 上に上ったのは我々を含めて10人ほどだった。皆赤坂山に上がって早々と下山していった。粟柄峠から南に歩いたのは我々2人だけ。下山は一番遅かった。マキノの雪ももう終わりである。カタクリの時期になるとまた人が多くなるだろう。

 駐車場出発(9:40)、粟柄峠着(12:45)、粟柄峠下山開始(13:00),駐車蒸着(14:40)
posted by 飄逸沢遊会 at 05:42| Comment(1) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワカンつこたことないんですが、スノーシューより滑り難いこともあるんですね。勉強なりますぅ。
Posted by 鎌 at 2006年03月22日 11:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック