2010年04月25日

4月25日 アカンダナ山

[参加者]
KTNさん、山口(レポ)

素晴らしい天気に恵まれた山行でした。

100425-山口-03.JPG

[天気]
快晴

[地形図]
2万5000分の1「焼岳」

[アプローチ]
東海北陸道→高山清見道路「高山」IC下車〜R41〜R158〜平湯温泉で車をデポ

[山行状況]
R158のゲート前に車を駐車し、国道を登る。M字型になっているところはショートカットせずに道路を登った。国道から頂上に向かって北東方向に切れあがっている谷に入り、スキーにシールを付ける。KTNさんはあたらしいショートスキーだったがシールの効きが悪く、すぐにクトーを付ける。が、これもスキーとうまく合わないらしく結局スキーを脱いでアイゼンで登り始めた。
100425-山口-01.JPG
私も傾斜がきつくなったのでアイゼンに切り替える。谷は落石が多いようだ。そのうち雪が切れてガレ場になる。ここは浮石が多く、上からしょっちゅう落石があるのでものすごく怖かった。途中でスキーを置いたのだが、もっと早く置けばよかった。
100425-山口-02.JPG
ガレ場を抜けたあとは樹林帯になり、きつい斜面を登ってゆく。やがて傾斜が緩くなり、しばらく歩くと広場のようなところがあってそこがアカンダナ山頂だった。ここからの焼岳の眺めはすばらしかった。昼食後下山にかかるが、ガレ場がなかなか現れないのでKTNさんを呼び止める。どうやら違うところを降りてしまったようだ。ここからガレ場を探しまわり、やっと朝歩いた谷に入ったときにはずいぶんと下のほうまで降りてしまっていた。ガレ場を登るのは御免こうむりたかったかったので右の樹林帯を登り返しスキーを回収。樹林帯を降りたところからスキーをはく。道路まで滑り降りるのはあっというまだった。
100425-山口-03.JPG 100425-山口-04.JPG




posted by 飄逸沢遊会 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック