2010年08月18日

H22.08.14N〜16 大峰 川迫川本谷 神童子谷支谷 犬取谷

参加者:H上代表・U田健・HYS夫妻・F野夫妻・S田・Y谷(レポ)

H上代表の著書『大峰の沢』P35〜

H上 大師匠との久方振りの溯行で かつ 初めての沢泊
お歳の割りに と言えば失礼ですが
沢での足取りは 『まだまだ現役 !!』
若いもんには負けてません。

神童子谷支谷 犬取谷.GIF

と言う事で、最近入会の会員さん方と 癒し渓を堪能しました。
しかし、下山ルートのカツラギ谷降渓は懸垂下降 4〜5回強いられ、
8人の大所帯でもあり 結構時間を要した。
その分、皆さん懸垂下降の腕が上達 !!
「もう、懸垂なんて 怖くない」
と かなりレベルアップ。

ザイルをその都度 段取りして頂いた
U田健副隊長に 感謝!!


前夜泊 大川口にて
H22.08.14N〜16  犬取谷001.jpg


林道終点に駐車 出発 07:49
H22.08.14N〜16  犬取谷002.jpg


へっついさん 08:15
H22.08.14N〜16  犬取谷004.jpg H22.08.14N〜16  犬取谷005.jpg


赤鍋ノ滝5m 08:22
左岸の残置ハーケンでY谷は直進
他の皆さんは右岸から巻き
H22.08.14N〜16  犬取谷006.jpg


釜滝2条6m 10:06
右岸から巻き上がった所が、犬取谷・ノウナシ谷の分岐地点
H22.08.14N〜16  犬取谷007.jpg


こんな感じで溯行
H22.08.14N〜16  犬取谷009.jpg H22.08.14N〜16  犬取谷013.jpg


二ノ滝5m 10:51
奥行きのある滝(落ち口より撮影)
H22.08.14N〜16  犬取谷010.jpg


一ノ滝8m 11:02
右岸巻き
H22.08.14N〜16  犬取谷012.jpg


犬取滝22m 12:23  
右岸巻き
H22.08.14N〜16  犬取谷014.jpg H22.08.14N〜16  犬取谷015.jpg


犬取滝右岸巻き終え地点 12:52
H22.08.14N〜16  犬取谷016.jpg


ジョレンノ滝 14:08
右岸巻き
H22.08.14N〜16  犬取谷017.jpg


テン泊地(ジョレンノ滝のちょっと上流)
H22.08.14N〜16  犬取谷018.jpg




二日目
焚き火の後始末をして出発 07:34
H22.08.14N〜16  犬取谷019.jpg H22.08.14N〜16  犬取谷020.jpg


小滝の連続
H22.08.14N〜16  犬取谷021.jpg


尾根道に到達 08:25
H22.08.14N〜16  犬取谷022.jpg


稲村小屋 08:29
H22.08.14N〜16  犬取谷023.jpg


稲村ヶ岳 09:37
H22.08.14N〜16  犬取谷024.jpg


カツラギ谷での懸垂下降
H22.08.14N〜16  犬取谷026.jpg


神童子谷出合 15:57
H22.08.14N〜16  犬取谷027.jpg


林道終点の駐車地到着 16:15
皆さん お疲れ様でした。
H22.08.14N〜16  犬取谷028.jpg
posted by 飄逸沢遊会 at 12:32| Comment(3) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっ! Light&Fast がモットーのY谷さんが沢泊とはめずらしい。楽しめたようでよかったですね。
Posted by Y口 at 2010年08月18日 22:38
Y谷さん、沢泊は最高です!

夏もいいですが、秋も最高ですよ?!
冬はビールがよく冷えてもっといいですよ!
Posted by トシ at 2010年08月18日 22:50
>Light&Fast がモットーの〜

シュラフカバーとタープ(U田健副隊長のツェルトにおじゃましましたが)で、Light に努めました。
Y口さんとの溯行スピードが身体に染み付いてしまったので、slowly な溯行に、ちょっと戸惑いましたが......。


>冬はビールがよく冷えてもっといいですよ!

覚えてはりますか?
厳冬期、雪の中の金剛山で飲んだビール、最高でしたネ !
ムッチャ凍えました。

Posted by Y谷 at 2010年08月19日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック