2010年09月03日

22.08.28E〜30 秩父 笛吹川東沢

参加者:Y田・S山(レポ)

P8290005.JPG

28日(土)
15時30分にY田さんにピックアップしてもらい一路山梨県へ。22時に西沢渓谷付近のみとみ道の駅に着。小宴のあと早めの就寝。29日(日)晴れ
5時過ぎに起床。周りを見渡すと沢準備をしているパーティが一組。食事をして車を西沢渓谷駐車場に移動。かなりの台数の無料駐車場があるのに有料駐車場も・・・紅葉の時期には満車になるのか!!
7時20分出発しばらく遊歩道を歩き東沢に架かる吊橋を渡り鶏冠山への道をしばらく歩き東沢へ。
何度か渡渉を繰り返していると、今回の核心部のホラノ貝ゴルジュに出会う。まずは倒木がかかっている滝。朝一でテンションが低いこともあるが、かなりてこずりそうなので(とゆうか登れそうにない)巻かしていただく。

P8290011.JPG

P8290015.JPG

いよいよホラノ貝。アブミトラバースの場所です。Y田さんが先にトライ。落ち口までたどり着くもそこが一番の難所。もう一歩のところで泡立つ滝つぼにドボン。確保していたのでひっぱりあげる。後から来たパーティが待っていたので先を譲りしばらく休憩。

P8290018.JPG

P8290019.JPG

P8290022.JPG

P8290024.JPG

再度トライして突破。その後もいやらしいつるつるの岩が続きようやく山の神の社に着。わずか数百Mの距離なのに4時間以上も費やしてしまう。(大休止)
その後の東のナメ沢・西のナメ沢(ワイヤーがたれている)どちらも傾斜はたいしたことないが、逆層で難しそう

P8290028.JPG

P8290029.JPG

ようやく釜の沢に入り、きれいなナメに癒されながら千丈のナメ付近で本日の宿を求める

P8290034.JPG

P8290035.JPG

P8290038.JPG

西沢渓谷駐車場7時20分---東沢出合8時---ホラノ貝のゴルジュ---山ノ神13時20分---釜の沢出合---千丈のナメ17時(泊)



30日(月)晴れのち雨
昨晩は疲れもあっって21時過ぎには就寝。おかげで朝は予定通り5時起床の7時に出発。両門の滝はうわさ通りの美しい癒し系の滝。

P8300042.JPG

3段50M近やげんの滝を巻き登ると、いやになるほど長いゴーロ帯が待ち構えていてうんざりさせられる。

P8300046.JPG

木賊沢を右手に見送り最後の4段40Mの滝を右手からの明確な踏み跡を登っていく。水流が細くなりほどなくポンプ小屋に着。水を補給し(小屋で買ったら有料なのにごめんなさい)15分ほどで甲武信岳小屋に着。沢装備を解いて空荷で甲武信ヶ岳をピストン。雲行きが怪しくなってきたので早々に小屋へ戻って下山。途中でスコールのような雨にあい沢中でなくよかったと思いながら歩いていました。

P8300051.JPG

P8300053.JPG

千丈の滑7時10分---両門の滝---甲武信ヶ岳小屋12時30分---甲武信ヶ岳ピストン---西沢渓谷駐車場17時20分










posted by 飄逸沢遊会 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック