2006年04月23日

台高 ヌタハラ谷遡行 参加者、上田健・梶谷(レポ)

初っ端の滝で〜す。.jpg
 奈良の橿原で上田君を車に乗っけて蓮に向う。蓮に近づくにつれ、林道には鹿がよ〜さんウロチョロしちょります。中には、車を先導しながら走ってワテらの来訪を歓迎しちょる鹿も数匹おりましたがな。逆に鹿に言わせれば「何でこいつ等のために車の先導をせにゃあかんねん!バカヤロー!」と思ってたりして・・・鹿たちの歓迎はワテらの宿泊地、蓮小学校跡地まで続き、鹿3頭がお出迎え。これはこれは、どうもご苦労様です。
 前夜から降り出した雨は、朝になってもやむ気配がなく、朝8時まで車内で沈殿。てなワケで9時30分にヌタハラ谷沿いの林道に入り、一つ目のヘアピン・カーブのトコに車をとめて沢支度に取りかかります。そこに、釣師が二人がやって来て「千石谷の方がエエ〜滝ありまっせ!」とチョッカイをかけられるも先着はワテら!釣師はあきらめて帰っていきました。
 最初から入渓したいけどゴルジュになっとって入れましぇん。沢中にはエメラルド・グリーン色の釜が・・・「エエやないけ〜。」ワテらは沢沿いの杣道をテケテケ歩き、ゴルジュを抜けたあたりで入渓しました。
 小滝がよ〜さん出てきまんな〜。足場がヌメっとってコケそ〜なトコもありますが日本庭園のような雰囲気。やはり、名渓と呼ばれるだけはありますな。
美しいルンゼ20m滝.jpg小滝が続く.jpg
 それにしても、先週の戸倉谷とはエレ〜違いでんな。しゃきっとせにゃあかんのに今日のワテら、ホニャホニャ状態で〜す。
 三条5b滝.jpg
 三条5b滝が出てきました。左岸から簡単に巻けますが、ここは、滝の右側の岩壁をワテがリードで登ります。まずは残置ハーケンにランニング・ビレイをとるも、残置が腐っとる不安もあり、すかさず、すぐ上のクラックにキャメロット0.3をセットします。ここに二つ目のランニング・ビレイをとり立ちこみたいですが、どうも立ちこんだ際のバランスが悪いので残置に右足を置かせていただきました。後は、順調。木の枝にランニング・ビレイを二つとって滝を乗っ越し自己ビレイをする。ここまでは、いつも通り。大変だったのは、これから。ワテ、ザックの中にATCを入れとるのをすっかり忘れとって、思わず阿波踊りをしてしまいました。「えれ〜こっちゃ!」

ビエンテ(ロック状態).jpgビエンテ(ロック解除).jpg
 カナビラが三つあったので、ここは、「ビエンテ」で上田君を引き上げ、「フゥ〜」。
 
祠のような穴から水が.jpg美味しかった.jpg
 そのまま歩いていくと、右岸に祠のような穴の中から水が流れ落ちとるのを発見!ワテがヘンチクリンなモノをみたのは、石ヶ平谷の山の斜面の噴水以来でんな。エエ〜モンをおがまさせてもらいました。
 赤茶色の2b滝.jpg滝を越えても赤茶色のナメが続く.jpg
 そして、レンガのような赤茶色の滝が出てきます。滝の向こうも赤茶色のナメ床が続き、気分は最高で〜す。
 5b滝.jpg
 次に釜を持った5b滝。ここは、滝の左側を登ります。続いて3b滝。ここも、簡単。
奥に二条10メートル滝が.jpg
 左岸から枝谷が入ってから二条10メートル滝に着きます。ここも左岸からか巻けますが、それだけじゃオモロないので滝の右側から登る事にしました。
 リードは、上田君。ワテ、キャメロット2.0で支点を作ってビレイをします。上田君、ハーケン2本打ち込みランニング・ビレイをとって登りにかかります。その後も、ハーケン1本とキャメロット0.75を使い滝を登りました。
 きれいな流れ.jpg3b滝.jpg
 滝を乗り越えた後、ゴルジュに突入するも、出てくる滝は、1b・3b・2b二条4b・2bと軽くこなし、左手に小枝谷を挟んで二段4b滝。ここは、滝の左手のクラックに補助ロープがありました。
 そして、左岸にルンゼを挟んで夫婦滝で〜す。

20m滝.jpg
 気分爽快.jpg誰.jpg
 まずは、一段目の20m滝。ここは、手が出ないので左岸のルンゼからの高巻きになりました。ここで、上田君と意見がぶつかる。上田君が尾根通しの高巻きを主張したのに対し、ワテは、ルンゼを少し登ったトコからの人工登攀での突破を主張しました。上田君の意見は正しいし、結果も出たので何の問題はありません。けれども、ワテらの目的は何かと言う事を考えて欲しい。それは、アルパイン技術を身に付けてレベルの高い沢で対処できる「沢や」を目指すことです。当然、厳しい沢ほどゴルジュの突破が出来なきゃ先には進めない。今日のような岩壁を登れなきゃゴルジュからの脱出できない沢が絶対にないとは言いきれません。途中で撤退してもいいから上田君には一緒にやって欲しかった。駄目でもともと!たとえ撤退するにしても、やらないことには、何も生まれきません。仕事でも沢登りでも「PLAN・DO・SEE」の繰り返しが大切なんです。
 話し合いの結果、ワテら尾根通しの高巻きにかかります。登るにつれ、ルンゼは途中で二俣になり、ワテらは右俣のルンゼ沿いをテコテコ登る。岩壁も消え山の斜面のトラバースにかかります。山抜け状のルンゼを渡ると赤布を発見。赤布を追いながら、もう一つのルンゼを渡り、目指す子尾根に乗ります。
ようやくヌタハラ谷に向け子尾根を下りていきます。しばらく行くと滝の音が・・・
神秘的な70メートル滝.jpg
 ふと見ると、目の前に70メートル滝がガスの中から浮かび上がるかのように見える・・・何とも言えん神秘的な美しさでした。
 時刻は、午後1時半を回ったトコ。ワテらの置かれとる状況はガスは出てるし、しかも山の斜面はなだらか過ぎて読図のしづらい悪条件でおま。このまま夫婦滝を過ぎて遡行すればするほど、下山が厳しくなるので、今日は、ここらで撤退することに決めました。
山抜けあり〜の、倒木に伐採された枝木が、散乱しとるトコあり〜ので、歩いてても、しんどい山の斜面のトラバ〜スでした。ナンヤカンヤありましたが杣道を見つけ林道終点に無事、着くことが出来ました。
林道終点.jpg
 このまま林道をテコテコ下り車を停めたトコまで戻り、ヌタハラ谷遡行はフィナ〜レを告げたのでありました。

○コース・タイム 遡行開始10:00・・・20m滝(夫婦滝)12:45
〜13:00・・・70メートル滝展望尾根(遡行終了)13:35・・・林道終点13:55・・・車のトコに戻る14:40

○地図 2万5千分の1 「七日市」
posted by 飄逸沢遊会 at 20:55| Comment(4) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鹿まで味方にしてしまうとは…、さすが、プロ沢師!
Posted by 鎌 at 2006年04月24日 17:58
最初のゴルジュをとばして入溪したのはもったいない!
Posted by tkd氏 at 2006年04月25日 12:45
TKD氏の言うとおりかもしれまへん。
あの、ツルツルの岩場を這い上がる方が
エエ〜沢トレになったかも。
Posted by 梶谷 at 2006年04月25日 16:24
再チャレンジする機会があったら、
教えてくだされ。
Posted by つぼ at 2006年04月25日 21:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック