2010年11月30日

南紀フカイ谷

11月22夜発23日 参加者 楠、村田、大西 今回のテーマ フカイ谷より法師山に登る
22日和歌山・田辺経由で道の駅ふるさとセンター大塔に0時40分着3名ともにアルコール類何でも飲むので、すごくうれしい2時すぎに就寝。23日朝7時30分発途中おとめの湯と温泉の看板が有り、帰りに寄ろうと話していた、8時30分フカイ谷出会の橋に着、9時出発
10.11.jpg
吊橋を渡り少し先より谷に降りる、しばらく河原状の凡流で右岸より谷が入りすぐに左岸からも谷が入るこのあたりは谷もきれいな感じでした。その後少しずつ傾斜もつきだしこの辺から小滝がでてくるころと思いながら辿っていくも水は涸れガレた石床になる。
沢写真2010.11 020.jpg
しばらく進むと右岸の谷の斜面がひどく崩れていた、その上の左岸も崩れている。そこを過ぎると谷床が現れた。最後の二俣を左に進み右岸小尾根にのり稜線の登山道に出た。12時 法師山12時20分着
沢写真2010.11 024.jpg
沢写真2010.11 021.jpg
下山は地形図の破線の道を832Mのピークより北に派生する尾根を下り630Mあたりから北西に下る予定で下山するが、1010Mの東に派生する尾根に進んでしまい、長い林道を歩く事になってしまった。駐車地16時10分着。帰りおとめの湯(PM9時まで営業、楠、大西2名はお断りされるか少し不安でしたが入れてもらえました!)に寄り帰阪

今回の下山ミスは、地形図の832M良く見ると932Mで100M間違っていたのと山道の距離感がずれていたので最初のほうでの確認をしなかった事!
フカイ谷は、代表の本の頃とはまったく姿が変わってしまっていまいした、残念!
それでも、法師山に登るが今回のテーマなので十分満足できました。
楠さん村田さん、またよろしくお願いします。大西
posted by 飄逸沢遊会 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック