2011年03月09日

2011年3月6日   深瀬谷(大峰)

参加者: H上代表  NK山  HRA  UEKEN  YN田(記)


啓蟄を過ぎたというのに、
大峰の稜線にはまだまだ雪が残る早春の穏やかな一日、
大峰の谷を歩いてきた。


北山川右岸、池原貯水池に注ぐ短い谷・深瀬谷。
最初の大滝・深瀬滝が唯一の見所だろうか。
時節柄か溯行というほどの水量はなく、
二俣を過ぎると水は途端に少なくなりなんだか拍子抜け・・。


詰めはイバラ&ススキの藪で苦戦、
更に密生した杉林を這い、潜りぬけて、
小峠山に通ずる登山道に到達した。


沢中に咲くふきのとうに唯一春を感じました(^^)
P3060010.JPG



溯行記録へhttp://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/51883599.html





深瀬滝の右岸大巻き〜立った泥壁を立木・木の根・岩角を掴んで攀じ登る
P3060004.JPG



沢の中には沢蟹・オタマジャクシの赤ちゃんがうようよ〜可愛いなぁ
P3060015.JPG



P3060018.JPG



最後の二俣を過ぎて傾斜が出てくる〜詰めの始まりでした(><)
P3060034.JPG
posted by 飄逸沢遊会 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | '11年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック