2006年06月25日

六甲長尾谷、茶園谷方面 武田、山口

img493.jpg
JR神戸で拾ってもらい、有馬口まで行き、駅前の駐車場に止め唐櫃のジャンクションの方に歩きだす。適当なとこで川にはいる。きれいな癒し系の沢だ。
img490.jpgimg492.jpgimg494.jpgimg495.jpg
しばらく行くと、長尾谷の出合いだ。長尾谷に進路をとり、なめと連滝のあと、やってきましたゴルジュ劇場のはじまりだ。最初は3段30Mの鍋谷の滝だ。二段目のやらしいのっこしのあと、最後の一段は手が出ない。高巻きのあと、懸垂で落ち口にでる。しばらく行くと、二段のゴルジュ滑り台だ。体にロープを巻きつけビレイで滑り台をすべる。きもちええ。しばしのなめのあと堰堤が出てきて打ち切り、ピストンでもどる。帰りは懸垂でおりた場所にロープを回収せずに置いてきてあるのでそれをもとに登り返す。一気に下まで降りたかったのでまたもや懸垂。出合いまでもどり、今度は茶園谷方面へ遡行すると三段20Mくらいの大きな深い釜をもった不動滝のゴルジュのはじまりです。流れがあるので泳いでとりつくものの、垂壁なので登れない。道具を出して再度取り付き。あぶみ二本使って登りきる。上はバンドになっていて狭いテラスだ。バンドをつたい落ち口へ。山口さんをひきあげる。上の二段はそのままのぼれる。すぐに、猪鼻の滝だ。10Mくらいはある。下段がすごい勢いの滑り台になっている。寒かったのですべらなかった。その上に一つ滝があり、癒し系になり堰堤。高巻くと対岸に林道の終点が見えた。それをたどり駐車場に着きフィナーレ。ここが六甲かと疑うような迫力の沢でした。唐櫃温泉に入り、帰路に着く。
posted by 飄逸沢遊会 at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真、ごっつぅ綺麗に撮れてまんな。さすがは一眼レフ。一瞬 見とれましたゎ。それにしても、ええ滑り台やのぉ。
Posted by 鎌 at 2006年07月08日 15:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック