2011年06月17日

台高往古川小木森谷

6月5日夜発7日朝帰阪 小木森滝、滝下を見に行く 参加者 横田・武田・酒井・大西
沢写真2011,05 013.jpg
6月6日林道狸谷堰堤少し上の花抜峠への登山口に駐車
AM8時40分発、林道を下り堰堤を越えて一つ谷を跨いだ少し先より狸谷出会に下降
沢写真2011,05 001.jpg
狸谷出会着9時30分

林道より狸谷出会まで少し踏み跡も有り楽に降りれた
出会より少しでCS4Mと10M滝が見えてきた
沢写真2011,05 005.jpg
4M滝を水をかぶりへつる
沢写真2011,05 006.jpg
10M滝左岸の壁を少し登りバンドをトラバース
沢写真2011,05 008.jpg
その先で谷は開けて大きい岩の積み重なる連滝途中より小木森滝が見えてきた
沢写真2011,05 013.jpg
下段滝の左手ルンゼより少し進み右手の岩溝で下段落ち口に12時30分着
沢写真2011,05 020.jpg
晴れているが水しぶきで寒かったけど40分程休憩いいところです

左岸に渡り高巻き踏み跡とテープ有り、最後で落ち口に少し下る
沢写真2011,05 029.jpg
落ち口14時10分着、酒井さんのみロープをつけて下を覗きに行く残り3名は高いところが恐いので待機
巻き道に戻りほんの少しで山道にでた右に進み10分程で狸谷の堰堤下に辿りつく14時50分駐車地着


今回は3度目でやっと下段滝の落ち口にたどりつきました。
天気も良く最高でしたが、武田氏のでっかいカメラをつぶしてしまったので自分の失敗を悔やんで少し落ちこんでしまった!
武田氏は滝下の写真が撮れないのでそうとう落ちこんでいたと思う?

帰りは、海洋深層水温泉に入り熱烈坦坦でおなかいっぱい食べて飯高道の駅で少し飲んで軒下やテントや露天で各々眠りについた。結構静かな道の駅で全員、朝まで熟睡でした。

posted by 飄逸沢遊会 at 12:47| Comment(4) | TrackBack(0) | '11年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3度目の小木森谷〜とうとうやりましたね!
滝の下はスケールが大きくて感動ものだった
でしょう。水量が多くて迫力ありますね〜
Posted by ikko at 2011年06月18日 00:19
ikkoさんありがとうございます、滝下はすごく開けたすばらしい所です!
1回目はあのルンゼの右岸巻き50Mロープで懸垂で二度様子を観に行きましたがあきらめました。
2回目はCS4M滝の水流と釜の渦で断念しました。(1回目もCS4Mで右岸を巻き降りれず)
左岸は踏み跡もあり右岸とはまったく違う感じでした。(右岸は踏み跡も無く獣の通った感じも無い所でコルを越えるとかすかに踏み跡らしきものが出て来ました)狸谷出会の滝右岸に渡り小木森滝下に次回は行ってみたいです。
7月に白川又川の十郎谷に行く予定です。
Posted by トシ at 2011年06月18日 23:05
小木森滝の落ち口から海は見えました?
私が行ったときは残念ながら見えなかったんです...
tkd氏、とうとうあのカメラ壊れたんですか。
Posted by 山口 at 2011年06月20日 22:08
山口さん
酒井さんが谷から始めて海を見たといってましたよ(残り3名は初回に夕暮れの港を見たので今回は遠慮しました)

カメラは25日になおります。
Posted by トシ at 2011年06月20日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック