2011年07月26日

7月24日 鈴鹿・神崎川・本流

[参加者]
S野、Y谷、山口(レポ)

[天気]
はれ

[地形図]
2万5000分の1「御在所山」

[入渓]
R306の石榑北交差点からR421へ入り、杠葉尾へ。神崎川にかかる橋を渡ったすぐのところから林道へ入る(現在、付近が工事中のため少々分かりづらい)。釣り師向けの看板があり、谷へ下りる階段があるところ、あるいはそのすぐ先にあるスペースに車をデポ。階段から谷へ降りる。
ymg-11072401.JPG


[遡行状況]
降りたところには大きな堰堤。これは取水設備になっている。これを右から巻きあがるのにけっこう苦労する。堰堤の上によじ登り、通路をつたって狭い梯子段を降り、途中でコンクリートの上に降り立つ。
ymg-11072402.JPG


この上は河原となっており、岩が白くて明るい感じの谷である。まずはちいさな滝をクリアし、次に3Mほどの滝が現れる。S野さんに「泳がないの?」と訊かれるが、泳いでも取り付けそうにないのでここはパスさせてもらい、右から簡単に越える。上からみると水が白濁して迫力がある。
ymg-11072403.JPG

その後もへつったりして越えていく。きれいな淵が現れ、ここも左から簡単に巻いて上がれそうだったが、せっかくなので泳いで突破。最初の淵は簡単だったが、この奥の小滝を越えるのが難しかった。が、何とか取り付いて後続はロープで引き揚げた。
ymg-11072404.JPG


この後も泳いだりしながら快適に遡行していく。ツメカリ谷の出合からしばらくは明るい河原歩きが続く。またゴルジュ帯に入り、淵を泳いだりしながら突破。そして天狗滝が現れる。これはどうしようもないので左から巻きあがりいったん登山道へ出てから谷に戻った。
ymg-11072405.JPG


また淵が現れたので泳いで突破を試みるが、取り付くところの水流が早くて3回くらい弾き飛ばされて断念。Y谷さんも投げ縄など使ってチャレンジするが、やはりダメということで結局左から簡単に巻きあがった。
ymg-11072406.JPG

この後も1回泳いでしばらく行ったヒロ沢出合で遡行終了。
ymg-11072407.JPG


登山道を通ってきた大勢のハイキング客を見送りながら昼食を食べた。

[下山]
右岸の登山道を降りる。途中で徒渉して左岸に移り、最後は林道へ飛び出した。

[ヒル]
被害なし

[コースタイム]
7:45 駐車地 〜 7:50 堰堤 〜 10:15 天狗滝 〜 11:00 ヒロ沢出合 〜 13:00 駐車地


山行地図の追記

H23.07.23N〜24 鈴鹿 神崎川 本流.GIF
posted by 飄逸沢遊会 at 00:32| Comment(2) | TrackBack(0) | '11年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勝手ながら山行地図を追加させて頂きました。

水量が多く天狗滝に挑戦出来なかったのが残念!
泳ぎ満載で良かったです。
本流だから致し方ないのですがゴーロ歩きが、ちとダルかった〜。

アブに3ヶ所刺されメッチャ痒
┛)"0"(┗
Posted by Y谷 at 2011年07月26日 23:55
地図のアップありがとうございます。
夏にはうってつけの沢でしたね!
Posted by 山口 at 2011年07月28日 01:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック