2011年09月14日

2011年9月11日 カズラ谷(鈴鹿)

参加者:  O熊   O西  YN田(記)



夏の鈴鹿といえば“ヒル!”というくらい有名だが・・
かてて加えて雨の鈴鹿である。
聞きしに勝る敵のその神出鬼没ぶりには怖いものがあった。

宮妻峡・林道ゲート前の鎌ヶ岳登山口に着くなり本降りの雨に見舞われたが、
誰かの日頃の行いの良さか、しばらく待つうちに雨が上がった。

ヒル攻撃の凄まじさを知ったのはその時だった。
すでに4匹ものヒルが体にへばりついていたのである。
傘をさしてちょっと舗装林道のはずれまで行っただけなのに(><)

溯行後のヒル実害はいかばかりのものか・・
と、のっけから思いやられる展開であった。



溯行記録へhttp://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/52559974.html



s-P9110041.jpg



s-P9110027.jpg



12mスラブの上にもスラブ岩が続き楽しい直登
s-P9110053.jpg



岩が立ってきた〜終盤の登り
s-P9110069.jpg



O西さん、あまごの滝登りが見えたそうです
s-P9110090.jpg







posted by 飄逸沢遊会 at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | '11年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
13CMぐらいの岩魚でしたよ!
1Mぐらいで水圧に負けて落ちました。

9月19日海の溝谷に行きます。岩魚に負けずにガンバリます。落ちてもチャレンジ!
Posted by O西 at 2011年09月16日 22:33
>ラッキーでしたね。イワナの溯上なんて
なかなか見られませんよね〜

“水圧がきびし〜い海の溝谷”
予備日を設けての、フックを購入しての、
気合のトライ。水圧に負けずにガンバです!
Posted by ikko at 2011年09月19日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック