2011年10月03日

9月10-11日 絵馬小屋谷

[参加者] H上、S野、N山、S井、M内、野村眞(記)

行合の景色は一見の価値あり。です。
M内君のデビュー戦!

[天気] 9/10 晴れ、9/11 雨のち曇り
[アプローチ] 9/10夜発、蓮川絵馬小屋谷出合に駐車
(絵馬小屋谷沿いの林道は台風により通行不能状態だったため)

[山行状況]
 奥の平谷の計画だったが、台風12号により1500mm近い雨があり、林道が不通となったために行き先を変更。台風から一週間、沢がどんな状態なのかわからないままの遡行となった。
 結論から言うと、想像していたほどに荒れた状態ではなく、流倒木も比較的少なかった。

 今回が初めての沢登りという新人(M内)を加えての山行だった。
いきなり沢中泊とはなかなかの胆力の持ち主かそれともただの...か。
いずれにしても将来が楽しみな人材である。

絵馬小屋谷_110910_01.JPG絵馬小屋谷_110910_02.JPG
入渓後まもなく姿を現す行合
暗い深い岩の廊下通しに明るく輝く世界が垣間見える
行合の向こうに待つものは桃源郷?

絵馬小屋谷_110910_03.JPG
ゴルジュ内の急流も臆せず進む新人君

絵馬小屋谷_110910_04.JPG    絵馬小屋谷_110910_05.JPG
ドボン! へつりに失敗 S井氏  続く新人にはお姉さまたちから厳しい指導の声!?

絵馬小屋谷_110910_06.JPG        絵馬小屋谷_110910_07.JPG
岩から噴出す五所ヶ滝 全容を見たい    ゴルジュ内の小滝群を越える

絵馬小屋谷_110910_08.JPG
ここは左岸を大きく高巻く
高巻きから沢に下りると、滝を越えてきたという若い美男美女に出会う
うっ、羨ましい

 2日目、夜明け前頃から雨が降りだすも、出発後しばらくで止む

絵馬小屋谷_110911_09.JPG

シャワーをかわしつつ快調に滝を登る

その後は右俣を辿り、小滝を快適に登りつつ、藪漕ぎもなく縦走路へ

絵馬小屋谷_110910_11.JPG
コヤツ、我が家まで付いてきた2匹の仲間だ
沢中ではあまり見なかったが、野江股谷出合の登山口辺りにかなりいたらしい
う〜 おぞましい! 寄るな、触るな、喰いつくな!!

 最後がヒルではあと味が悪いので、癒し系を少し。
絵馬小屋谷_110910_35.JPG  絵馬小屋谷_110911_10.JPGムラサキシジミ                苔
絵馬小屋谷_110911_13.JPG
  この木「何の木」

−以上−
posted by 飄逸沢遊会 at 08:06| Comment(1) | TrackBack(0) | '11年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水量が多いと溯行難度があがりますね〜

コバルトブルーが鮮やかなこんな綺麗な蝶をうまく撮影出来てラッキーでしたね。

ナンノ木平のミズナラは何だかお疲れ気味で
元気がないように見えますが〜気のせいかな・・。
Posted by ikko at 2011年10月04日 23:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック