2006年08月27日

南紀 外和谷遡行  参加者、上田健・上田昌・豊中美人・樋上・梶谷(レポ)

 前夜、道の駅「本宮」にて。ワテ、先に着いて樋上号を待っちょりましたが、ついウトウト・・・真夜中に起き出して宴会へGO!楽しい一夜でした。
道の駅「本宮」.jpg


 早朝からの雨で増水が心配されましたが、外和谷の水量は少なくて今日こそ沢登りが出来そうで〜す。
ワテ、外和谷は二度目ですが、外和谷橋が新しくなってまして
外和谷橋.jpg
 また、左岸の杣道の入り口には、駐車スペースと国有林の看板ができてました。
外和谷 入り口の看板.jpg
 沢支度をして、外和谷に入渓で〜す!
入渓!.jpg
最初は河原歩き。今日が沢登り復帰のワテには、ウオーミング・アップになって最適でおま。
 しばらく行くと堰堤。ここは、左岸から軽く巻く。
堰堤.jpg
堰堤を越えて、ようやくゴルジュに突入で〜す。
ゴルジュへ.jpg
 しかし、ゴルジュに入っても、しばらくは凡流。
外和谷 014.jpg
 ジムグリはんが出てきて「こんにちわ」で〜す。
マムシでおま!.jpg
 小さな釜が出てきたトコから、よ〜やく外和谷沢登り劇場のはじまり!はじまり!

外和谷 015.jpg
 右手にガリーを確認して、すぐに8b滝。
8m滝.jpg
 滝前で1本とってから
沢でのひと時.jpg
 左岸からの巻きにかかります。谷中に下りる時、ガレ場になっとて、いやらしくシュリンゲを出しました。
  
 その後も小滝の競演が続きますが、しぶいへツリや登りもあって、ワテらを飽きさせまへん。
2b連段滝.jpg


2b滝.jpg


3b滝.jpg

左岸から枝谷が1本入って、
枝谷.jpg
 すぐに2b滝と
2b滝 028.jpg 
 3b滝を越えると最初のゴルジュを抜けます。
3b滝.jpg
 またまた左岸からの、小さい枝谷を過ぎると
小さい枝谷.jpg
 緑あざやかな落ち着いた雰囲気になりましたで。
ゴルジュを抜けて.jpg
 右岸にはガレがありますがな〜。
ガレ.jpg
 そして小さな釜をもつ二段4b滝から、ふたたびゴルジュに突入でおま。水量が多いんでワテら滝の左側から巻きましたが、上田健君!若さちゅう勢いで積極的に滝にアタックで〜す。「あんたはエライ!」
上田君、シャワークラにアタック!.jpg
 小滝を三つばかしこなせば、二つ目のゴルジュは終わります。
外和谷 036.jpg

ナメ小滝.jpg

外和谷 038.jpg

 ここいらで二度目の休憩でおま。
くつろぐ二人.jpg
 ワテ、ブクブク太りましたな。まさに、「くびれ」のあらへんコケシ状態で〜す。けんど、amibaba様がおっしゃるには、「そんないいもんじゃないわよ!ドラム缶じゃ!」ちゅう事。「ワォ〜!」
ツーショット.jpg
 沢登りを再開しま〜す。
 きれいなナメ滝を眺めながら歩いて行くと
ナメ滝きれいでんな。.jpg
 左岸から枝谷が三つばかし入ってきます。遡行図では、枝谷は一つなんですけど、こりは、早朝に降った雨の影響なのでしょうか?
外和谷 047.jpg
 二条3b滝を越えていくと
二条3b滝 048.jpg
 左岸に石垣が見えてきます。ここらには、昔、植林小屋があったのでしょう。足元には、日本酒の空ビンもころがっちょりました。
石垣 049.jpg
 ナメ滝を登り、
外和谷 050.jpg
 二段6b滝を越えると
二段6b滝051.jpg
 待ってました!外和谷で一番でけ〜25b滝の登場で〜す。増水のせいか2条の流れとなって水を落としてます。それにしても、落ち着きのない滝の音を響かせちょりまんな。

25b大滝053.jpg
 ここは、左岸から子尾根を登って高巻きましたが、足元ズルズル・・・こけたお方もおりましたで〜。
 滝の落ち口で一服。眺めがよっかたでっせ〜。
滝の落ち口にて 055.jpg

大滝を越えたトコから三度目のゴルジュへ突入!
 小滝をこなして行くと雨がポツポツと降ってきましたがな。時は11時をまわった頃ですがな。
外和谷 056.jpg

外和谷 057.jpg

外和谷 058.jpg
 二段9b滝が姿をあらわす時には本降りとなりましたがな。「ヒエ〜!」谷中は薄暗くなってしまいましたで〜。
外和谷 062.jpg
 増水してることもあって、なかなかの迫力のある滝でしたな。
 そして、倒木のかかるナメ7b滝と
ナメL7b滝064.jpg
 階段状のナメL13b滝を登って行くと
ナメL13b滝065.jpg
 狭いゴルジュがワテらの前に立ちふさがりました。
外和谷 069.jpg
 ここは、みんな左岸から巻きましたが、樋上さんとワテが狭いゴルジュの突破にかかります。
 初っ端の斜瀑は滝の右側からへつりましたがなかなかしぶかったで〜す。次の二段6b滝は手が出ず左岸の岩壁を登りバンドをへつりますが、ホールドがなく立ちこんでの突破になりました。ワテ、ブランクがあって不安でしたが、体が自然に動いてくれてよかったで〜す。そりと、上田健君のお助けヒモに感謝、感謝。
 
 雨は激しさを増し谷中は、もう真っ暗。写真を撮るのも一苦労ですが、ワテ、このカメラ使い慣れとらんので大変で〜す。見苦しい画像も出てきますが、勘弁してくだせ〜。
 
 狭いゴルジュを抜けたら、二条2b滝。ここは、左岸から巻く。
二条2b.jpg
 続いての二条3b滝と6b斜滝も増水してる分、迫力がありま〜す。
外和谷 071.jpg
 そして、本日5度目のゴルジュに入って行きます。
 6b滝と2b滝は、滝の左から登って行くと外和谷 072.jpg
 20m滝が姿をあらわしましたで〜。
20m滝073.jpg
 ここは、右岸から高巻いて、ゴルジュを抜けると右岸から枝谷が入ってきます。これ本流の滝に見えますが、ほんまもんの枝谷でっせ〜!
枝谷でっせ〜074.jpg
 遡行図には記載されとりまへんが、こりも今の枝谷の隣にある、雨の日に出現する幻の枝谷でおま。
外和谷 075.jpg
 雨の中、テケテケ歩いていくと6b滝でおま。この滝も迫力ありまんな。増水さまさまで〜す。
外和谷 079.jpg
 沢の水量も増えまして、流れも荒れちょりま〜す。もちろん、水の色はドドメ色で〜す。
外和谷 080.jpg

外和谷 077.jpg

 左岸から枝谷が入り小滝をこなして行くと
外和谷 081.jpg
 5b滝。
5b滝 082.jpg
 この滝を左岸から巻くと二俣。ここは、左俣を見送って
外和谷 083.jpg
 右俣に入ります。
 3b滝を登っていくと
3b滝 084.jpg
 目の前に二段9b滝。水量が多い分、水煙がたっとて、もやがかかっちょります。

外和谷 085.jpg

 ここは、樋上さんがトップでシャワークライミングで登ると、みんなも次々と続きます。ワテ、登ってる最中に足場が崩れてヒヤッとしやしたが、長年、沢のぼらーをやっちょるおかげかコケずにすみました。最後は上田君のお助けヒモで「ほっ」としたのも束の間、二段目の滝を登っとる最中に上から腐った木や泥を落とされ、それがモロに当たったので、さあ大変で〜す!ワテ、男前が台無しになってしまいましたがな。
 
 二段9b滝を越えると外和谷の源流部。今までの荒れとる雰囲気が一変、落ち着いた雰囲気になります。
外和谷 086.jpg
 ゴーロになり、しばらく登って行くと、林道工事の際の残骸が・・・
外和谷 092.jpg
 今までのエカった雰囲気が醒めたと目の前を見ると、土管がありますがな・・・
土管 093.jpg
 これにて遡行終了。公門谷林道に到着で〜す。
公門谷林道 094.jpg
 林道横には、きれいな花が咲いちょりましたで〜。
外和谷 095.jpg
 それにしてもケモノの鳴き声がうるせ〜でんな。鹿?それとも、サル?

 午後の1時を過ぎて、ようやくご飯にありつけましたで〜。
外和谷 096.jpg

 下山は、公門谷林道終点から外和谷の東側にある子尾根に乗りP.676を通ってコンタ580から南西に延びる尾根を下り外和谷橋に出てくるコースをとります。
 林道終点から20分山登りをして子尾根に乗る手もありましたが、ワテらはトラバースして尾根に乗ろうとしてエレ〜めにあってしまいました。ルンゼには踏み跡がなく緊迫したトラバースを何度かやってしまいましたがな。子尾根に出て「ほっ」としたのも束の間、ワテら、今度はアブ軍団の集団ストーカー行為に苦しめられる事に・・・「ヒエ〜!」雨が降っとるせいかアブは元気一杯でんな。
 ワテ、今年こそアブさんと仲良くやっていこうと耐えちょりましたが、手の甲を刺されて堪忍袋の緒が切れました。昨年に引き続いてのワテとアブどもの「仁義なき戦い」が火蓋を切って始まりました。下山するまでに10匹撃退しましたがワテも二箇所やられてしまいました。次回はキンチョールを持参して「仁義なき戦い」第2ラウンドをやろうと考えちょります。
 P.676から、なだらかな蛇平が終わり南に尾根が方角を変えると急な下りとなります。コンタ580あたりに来たと考えた地点にはピンクの赤布がありましたが、尾根の傾斜がきつすぎるので、そのまま下る事にしました。そのまま下っていくと新設された四等三角点(点名、倉の谷457.35m)がありました。この三角点の存在に気がついてれば分岐を間違えたことが、その時点でわかったのですが、ワテらは、そのまま下り、コンタ410の分岐で南西尾根を下りました。林道手前の崖を下りるのに少々手を焼きましたが満足のいく山行がでけた一日でした。


○コース・タイム 外和谷橋7:45・・・堰堤8:05・・・25b大滝10:36・・・公門谷林道13:05〜13:45・・・子尾根に乗る14:25・・・外和谷橋15:45


○地図 2万5千分の1 「発心門」


posted by 飄逸沢遊会 at 22:40| Comment(6) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真の蛇はマムシではありません。
ジムグリです。
Posted by 夢水 at 2006年08月28日 19:24
マムシじゃないんでっか?
勉強不足お許しくだされ〜。
ジムグリって、どんな蛇なんでっか?
噛まれても大丈夫なんでっか?
Posted by 男前 at 2006年08月28日 19:39
豊中美人の沢靴!ワテの沢デビューのとオンナシです!それで小石の上 歩くのは ちょっと痛いでしょ?でも、フィット感は抜群、世界一か?!
Posted by 鎌 at 2006年08月28日 21:39
Posted by 夢水 at 2006年08月30日 19:43
夢水さん、貴重な資料有難うございます。ジムグリの事、よ〜くわかりました。ワテ、警戒心の強いせいか沢中でヘビ見つけたら、噛まれたらヤベ〜ちゅう気持ちが先走ってしまいマムシと判断してしまうきらいがあるよ〜です。夢水さんは、沢登りはやっておられますか?よかったら、一度、一緒に沢しませんか?この暑い時期は沢中にヘビがおるんでジムグリ探しに行きまひょ。
Posted by 梶谷 at 2006年08月31日 15:16
ジムグリやのうてヒバカリとゆう噂も…。
http://www.geocities.jp/sytkg264/sub1-8.html
Posted by kmd at 2008年07月24日 07:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック